みずはる接骨院 

国道1号線沿い 
土日も施術可能・予約制の接骨院です。
予約はお早めに入れて下さい。

住 所
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

膝の痛み・半月板損傷

◯半月板損傷と診断されても、手術はしなくても大丈夫です。

手術が必要と言われた

半月板の症状を

手術なしで続々改善

半月板損傷でお悩みの方へ

愛知・岐阜・三重県で半月板損傷の治療なら

絶対に当院です

今までの治療は忘れてください

あなたを救う治療がここにあります

◯まずはこの画像をご覧ください

この画像は、当院に来院された患者様からお借りした膝のMRI画像です。この患者様は59歳女性の方で、3年前から膝が痛くなり、病院ではレントゲンを撮り「軟骨が減っていますね」と言われ痛み止めやヒアルロン酸注射と筋トレを頑張っていましたが全く症状が改善しませんでした。痛みが改善しない為、MRIの撮影を勧められ「半月板が損傷していますね」と言われ手術を勧められました。手術だけはしたくないということで、当院をホームページで検索され来院されました。

来院当時は膝が真っ直ぐにならず、歩くのもままならな状態でした。当院の施術を2ヶ月通われて、今では全く痛みが無い状態で正座も問題なく、歩行も問題ない状態で、軽い運動もできるまでに回復されています。

その後、再検査の為に整形外科で再度MRIの撮影された際の画像がこの画像です。来院当初のMRIではなく、完全に痛みが消失した後に撮影された画像です。痛みが全く無くなったあとも整形外科では「変性断裂による半月板損傷」と診断されました。

次に、こちらのレントゲン写真をご覧ください。整形外科で変形性膝関節症」と診断され、当院に来院頂いた69歳の女性の患者様からお借りしたレントゲン写真です。

整形外科では「軟骨がすり減り痛みが出ているのでヒアルロン酸注射を打ちましょう」と診断され、半年以上も続けられましたが、全く改善しない為に当院に来院されました。

来院当初は膝の痛みを訴えて、全く膝が曲がらない状態でしたが、当院の根本改善の施術を3ヶ月続け、全く痛みが無い状態にまで回復され、膝を痛める前の正常な状態に戻り、歩くことも軽い運動もこなせるまでに回復されています。

この画像も、当院に来院される前の画像ではなく、当院の根本改善施術を受けた後に完全に痛みが消失した状態で、再度撮影した時の画像です。痛みが無く正常な状態にまで膝が回復されたあとも、やはり整形外科では変形性膝関節症」と診断されたとのことでした。

痛みが無くなったあとも、このように軟骨の状態はすり減ったままですが、この方は全く痛みが無くなっています。

 

軟骨がすり減っていたとしても、実は軟骨自体には痛みが出ることはないのです。

なぜかというと、骨や軟骨(半月板)には、痛みを感じる神経が存在しないからです。これは、生理学の専門書にも記載されている医学的な事実です。

にも関わらず、一般的な医療機関や整形外科では、このように「半月板の損傷=痛みの原因」、軟骨の変形やすり減り=痛みの原因」という、医学的な事実を無視した診断や説明がされているのが、現状の膝治療の現実です。

 

あなたが今まで受けてきた治療は、そもそも膝の痛みを根本的に改善できない治療だったのです。あなたも同じような状況で今まで悩まれてきたのではないでしょうか?

半月板損傷は手術なしでも根本改善できる
諦めないでくだい!

当院の根本改善施術では、このように多くの方が改善しています

膝が痛くて、歩行も家事も困難になり、仕事も出来なくなっていた鈴鹿市の木村さん。痛み無く普通の生活ができるまで回復。

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 膝が痛くて歩くのも困難で寝返りも出来なかった。

家事も思う様に出来ず困っていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

何件か整形に診てらいましたが、痛み止めと注射のみの治療

半年以上通いました。

 

Q③その結果どうでしたか?

痛み止めで胃が荒れ、徐々に痛みが増し歩行困難

同じ体勢を長時間とれなくなり横になる事が多くなり

仕事が出来なくなりました。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 ネット検索というのもあり最初はとても不安でしたが

プロフィールで先生の思いを読んで信じてみようと思いました

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

初めて受診した日、一時的でしたが帰りには痛みが和らぎました。

その後先生から生活面でのケアのアドバイスなど頂きながら

通う度に良くなり

今では痛みもなく歩ける様になり普通の生活が出来る様になりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 話もよく聞いてくれ症状に対してより良い施術をして頂けます。

内面のケアもしてくれ、とても誠実で信頼の出来る先生です。

一度、受診して先生とお会いすれば、わかると思います。

 

 

木村さんは膝の痛みで何件か整形外科に通われていました。

医師からは手術も勧められていいました。

歩けなくなと不安になり、辛い毎日を送っていました。

治療を続けていくことで、出来ることが増えていき

今では膝の痛みを忘れ、階段の昇り降りも出来るようになり

ゴルフのラウンドへも行けるようになりました。

三重県鈴鹿市 木村さん 50代 女性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

整形外科・接骨院で膝の痛みが改善せず当院へ。初回施術で違いを実感、旅行も行けるようになりました。 愛知県愛西市 前田さん 

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 数年前から膝の痛み違和感を感じて、

長時間立っていたり歩くことが辛い思うようになりました。

なるべく膝への負担をかけない様に気をつけなければいけませんでした。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 近所の接骨院に通ったり、湿布やサポーターをして

少しでも膝の痛みを軽減させていました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 接骨院に行った直後や湿布・サポーターをしている時は

多少痛みを忘れる事ができましたが、

完全に痛みが消える事はありませんでした。

多少の痛みは我慢して膝に負担を掛けないよう生活を送っていました。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 知人に最近開院した予約制の良い先生が居る接骨院があるから

1度行ってみたらと薦められて行ってみました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 先生はとても親身に話を聞いてくれて膝の治療はもちろんの事、

膝が痛くならない生活の仕方や予防方法など普段の生活で心掛ける事など、色々教えて頂きました。

パーソナルトレーニングも取り入れ今では膝の痛みはほとんど感じなくなりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 今まで膝の痛みを気にして好きな旅行やスポーツも控えていましたが、痛みへの不安も無くなり思いっきり自分の好きな事が出来るようになりました。先生のアドバイスを忠実に守り普段の生活をすればきっと良い結果が出るとおもいました。

愛知県愛西市 前田さん 40代

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

7年前に膝の手術をして、人工膝関節手術も勧められた。今では薬もサポータも無しで仕事が出来ています。弥富市 I・Eさん 女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 7年前 右膝内側の半月板損傷の手術をしましたが

また右膝が痛みだし正座はできなくなり、歩行、階段が

苦痛で不安な毎日を送っていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科に通い痛みどめと湿布をもらい

3ヵ月に一度しかうてないステロイド注射をうっていました

マッサージにも通っていました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 マッサージでは楽になりますが持続しないし

整形ではレントゲンを撮ると悪化している為、

人工関節の手術と言われ

この先どうなるのだろうと不安でした。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 ネットでいろいろ調べていたらみずはる接骨院さんをみつけ

みなさまの声を読み、もしかしたら私もよくなるかもと思い、お電話しました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 正直こんなに早く結果がでるとは思ってなかったです。

これからも生活していくうえで注意はしていかないければなりませんが

不安がなくなったのが一番うれしいです。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 今までたくさんの病院・治療通いましたが、

みずはる先生は治療前にしっかり細かいところまでお話を聞いて下さり

治療後はアドバイスしていただき感謝しています。 

 

【みずはるより】

 人工膝関節の手術を勧められ不安で不安で

ずっと悩まれていたIさん。

まずは初診で不安な気持ちを聞いたり、悩んでいる事を全て聞いていきました。

不安な気持ちがあると、治るまでに時間が掛かってしまいます。

今まではIさん1人で悩まれていたのを、

Iさんと私の2人で膝の痛みに向き合うことで不安は軽くなります。

治療を続けていくことで

痛み止めの薬からは卒業出来て、

膝の痛みもなくなり

不安な気持ちが消えていきました。

 

自分の体の状態を知って頂くことで、

これからも痛みが出ても不安な気持ちがなくなります。

Iさん、これからも全力でサポートさせて頂きますね。                    

I・Eさん 49歳女性 愛知県弥富市 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

走ることが出来なかった膝の痛みが改善 三重県菰野町 K.S.さん 男性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 左膝の痛み。

階段の上り下りや走ったりする時に痛みが出て、ひどい時は歩く時にも痛みがあった。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

整形外科を受診し、ヒアルロン酸注射とリハビリをしていた。

(変形性膝関節症と診断)

 

Q③その結果どうでしたか?

調子のいい時は短い距離なら走ることも可能だったが、

た痛みが出たりと症状改善はしなかった。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 他にも治療法がないかとネットで調べていたら発見し、

同じような症状で改善したという例があったことを知ったため。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

ストレッチ等のアドバイスをしてもらって徐々に痛みが出なくなり

2年間この痛みがとれなかったが

2ヶ月で痛みがなくなり走ることができるようになった。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 症状について時間をかけて話しを聞いてくれて、治療法を考えてくれたと思います。毎回アドバイスをもらい徐々に改善することができました。もう治らないかと思っていましたが受診してよかったと思います。

三重県菰野町 K・Sさん 39歳男性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

股関節と膝の痛みで不安だったHさん。10kmマラソン完走できました! H・Aさん 名古屋市51歳女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 日常生活をしているだけで、股関節の痛みが出現し、膝の痛みも強くなりこれから歩けなくなったりしないか不安でした。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科でレントゲンを撮って、異常が無いことを確認し、

カイロプラクティックへ行きました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 悪化することはなかったが、痛みが持続していた。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

  正直あまり接骨院というところを信頼していませんでした。

ネットで股関節や膝をメインで治療されていると見て、

また先生の熱い思いと『みなさまの声』を読み、扉を叩いてみました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 痛みの原因や筋肉・腱の解剖生理など、納得できるようにしっかり説明して頂けました。

 自分なりに理解でき、治療内容も納得できるように施術していただけ、

回数を重ねるごとに痛みがやわらぎ、3ヶ月後にはまったく痛みはなくなりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 痛みはだれでも辛く苦しいものです。がまんせず早く先生に診て頂いて下さい。

日常生活でのアドバイスも頂け納得できる施術が受けられると思います。

私はシティマラソン10km安心して完走できました。そんな喜びをみなさんにも味わってもらいたいです。

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

◯あなたが最後のわずかな可能性にかけてまで半月板損傷を手術なしで改善してくれる治療院を探しているならすぐに当院へお越しください

当院ならあなたを救う治療があります もう一人で悩む必要はありません 当院は以下のような方のため【だけ】の治療院です

年々膝の痛みが積み重なり気付いたらこの状態になっていた

水抜きヒアルロン酸注射をしているが改善しない

普段の生活で膝を曲げることが出来ない

膝を動かすとポキポキと音がする

半月板損傷と言われて治療を諦めている

痛みで長時間歩くと歩けなくなる

湿布・痛み止めで誤魔化している

このまま車椅子生活になってしまうのかと不安で仕方がない

ひどい症状で断られると思い不安で電話予約できない

このような症状で悩まれているなら、当院にあなたを救う治療があります。

◯諦める前に当院に1時間、時間をください。根本改善へと導くことができます。

ひとつでも当てはまるのであれば、みずはる接骨院には、あなたを救う治療があることをお伝えします。

でも、本当に改善するの?と、思いますよね。とても不安ですよね。今までも何度も治療に挑戦し、また治療院に通っても改善しないという時間と努力が無駄になってしまったら・・・という不安を抱えていることと思います。

◯これから、あなたたの膝を根本改善に導く為に必要な「本当の膝治療」についてお伝えします。

病院や接骨院、整体院な々な所をまわっても一向に改善しないそのような辛い思いを何度繰り返してきたでしょう?

あなたが今まで抱えてきたその膝の辛い痛み。今まであなたはどのような治療をしてきたでしょうか?

以下のような治療を続けられて来た方が多いのではないでしょうか。

  • 病院に行ってレントゲンを撮影したが「骨には異常なし」
  • だけれども、痛みは消えない。
  • 骨に異常が無いのに、なぜ?
  • ヒアルロン酸注射で痛みを抑えましょう
  • すぐには良くなりませんが徐々に良くなっていくハズ」と病院で言われる
  • だけれども、何ヶ月経っても膝の痛みは消えない
  • 水も溜まって、何度も水を抜くが、すぐに水が溜まる
  • 病院の治療に対する不信感が生まれる
  • 膝の治療院で良さそうな所を探し、整骨院や整体にも通う
  • 何ヶ月かは通うが、痛みが消えることはなかった
  • その間にも膝が曲がらなくなりどんどん悪化
  • 「運動してください」「体重を落としましょう」「筋肉を付けましょう」
  • できたらそうしたいが、できないから困っているのに誰もわかってくれない
  • MRIを撮影すると「半月板が損傷していますね」と言われた
  • 半月板が損傷して軟骨もすり減ってる、と言われ手術を勧められている

こうして、あなたの膝はさらに悪化の一途をたどり、気づいたら歩くのもままならない状態に。

今までどれだけ苦労を重ね、膝を改善しようと試み、何度となく期待を裏切られ続けたあなたの気持ちが痛いほどわかります。

もう、治すことを諦めかけているかもしれません。

なぜ、どこもあなたの膝を治せなかったのでしょうか?

それには、明確な理由があります。

 

実は、あなたが今まで病院や治療院で言われ続けてきたような、体重や加齢、筋力や軟骨などの問題ではありません。あなたが悪い訳では決してありません。今までの一般的な半月板損傷の治療や膝の治療は、実は全く医学的根拠から外れた間違った治療法だったのです。

半月板の損傷があっても全く痛みなく生活できます

◯半月板損傷の診断で見落とされ続けてきた本当の痛みの原因とは

膝の関節の中にある半月板や軟骨には、実は痛みを感じる神経が通っていません。半月板や軟骨の損傷自体では痛みが生じないのというのは、医学書でも述べられている事実です。

では、半月板損傷や膝の軟骨がすりへった状態で痛みが出る症状を訴える方は、何が痛みの原因なのでしょうか?

ラグビーやサッカーなど激しいスポーツでのケガや、マラソンで長時間膝を酷使するようなスポーツでも半月板損傷は起こります。

この場合は、膝に激しいショックが与えられ、物理的に膝の中の十字靱帯の断裂や損傷が出ている場合です。この場合は十字靱帯の損傷による半月板損傷の傷みが出ます。

では、40代以降の方、慢性的な膝の痛みを抱えている高齢の方に見られる半月板損傷も、直接的な靱帯へのダメージが出ているのかというと、それは違います。

慢性の膝の痛みを抱えている方よく見られる半月板損傷は、外傷による靱帯の損傷などが無いので、本来は半月板や軟骨の摩耗や損傷が見られても痛みが出ないのです。 高齢者に見られる半月板損傷は、スポーツ等の外傷を伴う半月板損傷の痛みとは違う痛みが原因になっています。

半月板損傷と一言でいっても、実は半月板の損傷のには種類があり、その損傷の種類により治療法の選択が変わってきます

「半月板損傷の種類と痛みの原因の違い」について理解してもらには、もう少し詳しく半月板損傷の症状種類を詳しくご説明する必要があります。

半月板損傷の種類と痛みの原因について

◯正常な状態の半月板

これは、正常な状態の半月板を真上から見た状態です。

半月板は主に水(滑液=膝を痛めた人が膝に溜まる水です)とコラーゲンでできており、70%が水分、残りはコラーゲンが20%(ヒアルロン酸、グルコサミン、アンドロイチンなどそれぞれ3~4%)という成分で形成されている組織です。

主に股関節を安定させ、体重のショックを和らげる体のクッションの役割を果たしています。この半月板組織自体には、痛みを感じる神経は通っていないので、半月板や軟骨の損傷自体では、痛みが発生することはありません

◯スポーツ等の激しいショックによる外傷が原因の半月板損傷

こちらの4種類の半月板損傷が、スポーツなどの外的要因のショックによる半月板損傷の種類です。この種類に分類される半月板損傷は、明かに外的な損傷が認められ、外科的な手術や処置が必要になります。

横断裂
椎間板の横向きに亀裂が入る半月板損傷のタイプ。スポーツや事故の外傷で良く起こる損傷タイプです。

縦断裂
半月板の縦向きに亀裂が入る半月板損傷のタイプ。こちらもスポーツの激しいショックで起こる損傷のタイプです。

水平断裂
半月板の内側の表面がめくれるような半月板損傷のタイプ。こちらもスポーツの激しいショックで起こる損傷のタイプです。

L字断裂
半月板の表面がめくれるような半月板損傷のタイプ。こちらもスポーツの激しいショックで起こる損傷のタイプです。

これらの損傷タイプは、主にスポーツ等の激しいショックで引き起こされる際に見られる半月板の損傷で、そのショックの際に半月板の損傷と合わせて、十字靱帯がズレたり、骨そのものが半月板を破って骨がズレるといった外傷を伴い、激しい痛みや膝がロックされて全く動かなくなるなどの障害が原因による外傷の激しい痛みが原因です。

これらの種類の半月板損傷では、適切な処置を施し、場合によっては手術や損傷した靱帯の治療などを行う必要があります。

外傷を伴わない、高齢者に多い半月板損傷「変形断裂」

こちらは、慢性の膝の痛みが原因で起こる「変性断裂による半月板の損傷です。特に40歳以降の方から良く見られる損傷で、外傷による断裂と異なり、綺麗な断裂が起こるのではなく、バラバラと半月板がささくれるように損傷していくのが特徴です。

慢性的に長い間膝の痛みを抱えている方がこの変性断裂を起こすのですが、この断裂は他の断裂とは違い、明確な外傷を伴わず、半月板が摩耗するように断裂を起こしていきます。

見落とされてきた慢性膝痛が原因の「変性断裂による半月板損傷の痛みの原因」

40代以降の方の中で、スポーツもしていないのに膝が痛くなった、あるいは思い当たる節がないのに膝が痛くなり、病院に行くと「半月板損傷」と診断されるケースがあります。

このケースの場合、外傷のきっかけの無い半月板の損傷「変性断裂の半月板損傷」がまず疑われます。このケースの場合、半月板の損傷と診断されても、半月板や膝の関節そのものには痛みが無いと考えるべきです。

現代医学では半月板の損傷や軟骨のすり減り自体では痛みが無いと考えられていますので、医学的な根拠から考えると変性断裂による半月板損傷の場合は、膝関節以外に痛みがあると考えるのが普通です。

半月板損傷以外で痛みの要因として考えられる原因は、半月板が変性するほど負担をかけている膝周辺の筋肉や、腱、靱帯の損傷が原因です。

日々の生活の中で膝にストレスがかかり、慢性的な膝の負担から半月板をジワジワと変性させているのです。半月板を変性させるほどの負担を日常的に膝に抱えているのであれば、膝の周囲の筋肉や関節への負担、腱や靱帯、骨盤周辺のインナーマッスルなど、下半身周辺の筋肉への負担はかなり大きいことは間違いないでしょう。

このように、体全体から膝へ負担をかけている根本の原因を探ることで、変性断裂による痛みの根本原因を考えていくのが、当院の治療方針です。根本原因を見極めることが、変性断裂の症状による痛みを解決させる為の根本治療の考え方です。

しかし、一般的な医療機関では、慢性的な膝の痛みからくる変性断裂の半月板損傷の場合でも根本原因までは診察しません。外傷を伴う他の半月板損傷と同じように、鎮痛剤の投薬や、ヒアルロン酸注射、水が溜まれば水を抜くといった、患部とその症状を一時的に改善させる処置しかしないのが現実です。

病院の診察では、筋肉の状態や体のバランス、膝の長年のストレスの根本原因は診断できません。だから、半月板の損傷だけでは痛みが生じないとわかっていながら、変性断裂による半月板損傷の場合も半月板の損傷が痛みの原因」として診断されます。

半月板損傷の中でも、変性断裂の半月板損傷だけは、医学的な根拠を全く無視した診断が行われ、根本原因である痛みの原因は見落とされ、一時的に症状を緩和する投薬や注射しか行われませんでした。

慢性膝痛からくる変性断裂による半月板損傷の痛みの本当の原因が長年見落とされ続け、どんなに治療を続けても改善しなかった理由です。

半月板組織は一度損傷すると再生しないとわかっていながら、投薬治療やヒアルロン酸注射を繰り返す医療機関の治療方針の謎

もう一度、半月板組織を見てください。半月板組織は周囲に毛細血管がありますが、半月板の組織の内部にまでは血管が行き届いていません。水分とコラーゲンが主な主成分である半月板の軟骨組織は「滑液」という水分に覆われている組織のため、直接半月板や軟骨に血液が行き渡っていない状態です。半月板の周囲にある毛細血管から滑液に栄養が届き、その滑液から栄養を吸収しているのが半月板の軟骨組織です。

直接血管から栄養を吸収している組織とは違い、治癒力が弱い組織である半月板は、一度損傷したら再生しにくい組織です。毛細血管が届いていない範囲の損傷は、再生しないとも言われています。

それなのに、一般的な医療機関では半月板の損傷を改善させる処置は行わず、投薬治療やヒアルロン酸注射、サプリメントなど一時的な症状に対する投薬治療を続けるのでしょうか?放っておいても改善しない組織に対して、痛み止めを出し続けても、一向に半月板組織が改善することはありませんよね。

考えれば考えるほど、変性断裂の半月板損傷に対する今までの治療方針には一貫性が無いということがわかってもらえると思います。

世の中の『膝治療』の9割は、膝の治療をしていないという事実をお伝えします

のときの痛みを緩和する目的で行われる治療ですが、一時的な痛みを取るだけでは、膝が悪くなった根本的な原因は取り除けません

このような一時的な対処療法を続ける限り、あなたの膝は治るはずはありません。

そして、今まで病院や治療院で、『膝の治療』と思い込み、間違った施術や指導法を信用してしまい、自分でも気づかないうちに「もうこの膝は治らないから・・・」と治す気力すら無くなっているのが、今のあなたの状態です。

痛みを取るだけでは、膝の状態が一時的に良くなるだけで、その効果がなくなればまた痛みが再発する。

事実、当院に来院される半数の方は、今のあなたのように、自分自身でも根本改善は諦めながら、最後の最後にわずかな望みだけを頼りに来院される方です。

あなたに私から、まずお伝えしたいことは、当院で本物の『膝の治療』を体験して頂ければと思います。

まだ、

『諦めなくて大丈夫です、ご安心ください』

ということです。

だって、あなたはまだ本当の膝の治療をしていないのですから。本当の膝の治療をしっかり受けてもいないのに、諦めるのはまだ早い、と私はあなたにお伝えしたいです。

当院では、今のあなたと同じように悩まれている大勢の方が、当院で根本改善されています。

愛知県のみならず、県外からも当院に通って頂き、膝が伸ばせないような方が、普通に歩ける日常生活を取り戻し、膝を痛める以前よりもさらに良い状態にまで戻られている方もたくさんいます。

車椅子を卒業し、杖も卒業、薬も卒業し、楽に30分歩けるようになった、三重県朝日町の井上さん。

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 変形性股関節症により歩行困難になり痛みがありました。

手術をしましたが姿勢が悪く少し歩くとすぐに疲れてしまっていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科に通ったり、他の接骨院に何回か行きました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 自分の思うような改善になりませんでした。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで近くの接骨院と調べていたら、

みずはる接骨院のページが出てきて

先生の思いと他の接骨院と違うと思いました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 薬を使用せずここまで回復することにびっくりしています。

今では歩行も30分は楽に出来るようになりました。

 

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 病院ではなかなか聞けない事でも水野先生はきちんと答えていただけます。

姿勢や歩き方の指導も丁寧にしていただき納得するまでケアしていただいて

私は外へ出かける事が多くなりました。

周りの人に笑顔が増えたし姿勢も良くなったと褒めてもらってます。

 

【みずはるより一言】

井上さんは初診の時、不安そうな表情、歩き方も不安、このまま歩けなくなると不安で来院されました。まずは不安な気持ちを和らげる事に全力を注ぎました。

不安な気持ちがなくなって今では、来院する度に歩きも良くなり笑顔が増えました。

散歩すると皆さんに、「姿勢良くなったね」と声を掛けられるようになり喜ばれています。

初めは歩けなくなるかもと不安だった井上さんも、今では電車に乗って名古屋へ行けるまでになりました

体を動かす事が出来るように体重も減っています!

 

                        

井上由美子さん 三重県朝日町 50代

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

膝の痛みで夜眠れず不安ばかりでしたが、走れるまでになりました。愛知県岡崎市 M・Hさん 女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 昨年より左膝の痛みで、仕事にも影響がでてきてと思っていたら

右膝まで痛みがでてきました。足全体のむくみもひどくなってきて

夜中に重くて痛くて目が覚めてしまうようになっていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科でヒアルロン酸の注射、サポーター、湿布。

筋トレもするようにと指示を受けていたのですが...

 

Q③その結果どうでしたか?

 注射もサポーターも最初、痛みは軽減していましたが、

あまり効果もわからないようになってきて、

右膝の痛みがでてきて不安しかありませんでした。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 ホームページを拝見させていただいて、

この先生に診てもらってアドバイスだけでも..と

最初は通うのにも少し距離があるし...

とにかく何かにすがりたい気持ちでいっぱいでした。すいません...

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 本当に1回目の診察だけであまりにも効果が良くてびっくりしました。

足のむくみは何だったのか。

3回目の診察が終わった時には左膝の痛みは全く無く走っている自分がいました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 とにかく丁寧な治療と方針と安心して通わせて頂ける接骨院だと思います。

感謝しています。

 

【みずはるより】

Mさんは岡崎市から1時間以上かけて通って頂いています。

膝の痛みが強くなりどうしたらいいのか不安で来院して頂きました。

痛みがある時に無理をすれば痛みが増すので まず筋トレは運動を中止して、治療に専念することで早く治ることを説明。

やるべきこととやってはいけないことを理解してもらうことで、不安もなくなり膝の痛みはなくなっていきました。

今では階段も問題なく昇り降り出来るようになりました。

旦那さんに送り迎いして頂いたお陰で、凄く良くなられました。

M・Hさん 愛知県岡崎市 47歳女性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

5年前から右膝の痛みに悩まされ将来は車椅子かと不安でしたが、不安も無くなり仕事が出来ています。三重県東員町 T・Tさん 女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 5年位前から右膝の痛みに悩まされ、

このごろは左膝も痛み出して

このままだと将来、車椅子生活になってしまうのかと不安でした。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科や針、マッサージなど行きました。

痛み止めの薬を飲んで、一時的に楽になるのですが、

その繰り返しで根本的には良くなっていない...。

 

Q③その結果どうでしたか?

 薬による一時的改善、

でもまた同じように痛み出して

これ以上薬に頼りたくないので!!

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで検索していたら、みずはる接骨院が出てきて

先生の患者さんに対する気持ちが感じられ、

少し遠いのですが

わらをもすがる気持ちで行きました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 先生がここはこうだとか質問や痛い時の処置方法など

いろいろ教えて頂き、

最初受診した時の事を思うとウソみたいに少しづつ楽になりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 先生と1対1なので、いろんな事が聞けとても良かったです。 

T・Tさん 59歳女性 三重県員弁郡東員町 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

リハビリも筋トレも頑張っていたのに膝の痛みが悪化。膝の痛みが改善しこれからも仕事が続けられる! 愛知県津島市 K・Yさん 女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 通っているスポーツジムで、スクワットをした際に左膝を痛め、

初めは違和感程度だったのが、次第に痛みに変わり、

立つ、座る、歩くが辛くなりました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科を受診し、変形性関節症の2段階目と診断され、

痛み止めの湿布と電気治療をしていました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 通院している間は、痛みは軽減できましたが治療を止めると

以前の症状に後戻りで、どうして治らないのか不安な毎日でした。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 不安と焦りで暇さえあれば『膝』のワードで検索していたら

みずはる接骨院を見つけすぐお電話しました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 初診、問診の後に膝の状態を模型で解りやすく説明してくださり、

太もも・ふくらはぎの筋肉の緊張が痛みの原因だと分かりました。

原因を理解してからは、先生のアドバイス通り

膝に優しい生活に徹したら痛みが無くなりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 私が一番ツラかった事は、膝の痛み以上に職場でテキパキ動けなかった事でした。

焦りから、痛くても毎日筋トレを続け筋肉をつけようと必死でした。

しかしそれはまったく逆効果だったとはここに来るまで分かりませんでした。

間違った知識は危険です! 

1人で頑張っているのに改善しない方は、みずはる接骨院をオススメします。

あなたに合ったアドバイスがもらえますよ!!

 

【みずはるより】

Kさんはお仕事を一生懸命頑張っています。

膝のためと思い、仕事が終わって疲れているあと

頑張って毎日ジムに通っていました。

膝が痛くても、膝のためにと頑張っていました。

頑張っても膝の痛みが悪化するばかり、

なんでこんなに頑張っているのにと...。

膝が痛い→筋トレする→膝の痛み悪化→不安になる

→筋トレする→膝の痛み悪化→

この負の連鎖が起きていました。

まずは正しい原因を探し、痛みの出ることは一旦休んでもらい

治療していくことで、歩いたり、

階段の昇り降りも痛みがなく出来るまでに改善しました。

Kさんのように、1人で頑張るのは辛いし治すための方法が間違っている場合もあります。

もしKさんのように膝の痛みがあり、1人で頑張っている方はご相談下さい。                   

湿布・筋トレ・リハビリを続けていたが膝の痛みが悪化 愛知県津島市 K・Yさん 52歳女性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

歩くのが困難で階段も辛かった。不安がなくなり正座も出来るようになりました。 M・Yさん愛西市 70代女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 以前より左膝の痛みがあり湿布をすれば治まっていました

今年の3月に長時間正座をした後から膝が痛くなり

歩くのが困難になりました。階段の昇り降りもつらかったです。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科に行き、レントゲンを撮り膝が少し変形してきていると言われ

膝の注射と電気治療をしました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 半年ほど通いましたが最悪の状態は脱したものの、

今ひとつ痛みが取れません。また、右膝も痛く感じる様になりました。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで膝関節の名医で検索したらみずはる接骨院が出てきました。

新聞のチラシで開業された事は知っていました。

膝が専門と思っていませんでしたが

膝の悪い方も治療して治っていることが分かりました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

不安を抱えながら来院しましたが、丁寧な問診で、

今の状態・今後の治療をきちんと説明して頂き

はじめての治療の後、楽になりました。

3ヶ月目になりましたがほとんど痛みもなくなりました

ただ仕事上足を使うのでその時は足が重くなりますが、

自分でどうすればよいかアドバイスしていただきましたので

安心しています。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 先生は患者に向き合い

患者さんに合った治療で痛みの軽減・生活の注意点・予防など

きめ細かくアドバイスをいただけますので安心して治療ができます。

 

【みずはるより】

Mさんは整形外科で治療をしていましたが、思うように治らず当院へ来院。

Mさん自身が自分の膝の状態、脚の状態を知ることで治療終了後も

ケアの仕方や気をつける事を理解していただけたので、

治療前ののように膝の痛みが出る可能性は低くなります。

 

追伸:Mさんは絶対治すという気持ちで治療を開始、一緒に頑張れたことで

膝に不安が無く仕事や生活が出来るようになりました。

私も凄く嬉しいです。   

愛知県愛西市 M・Yさん 70代女性 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

膝の痛みで歩けず不安になっていた。膝の事を気にする事も無くなり家事も仕事も出来るように。 稲沢市 H.Sさん 女性  

Q① 今までどのようなことでお困りでしたか?

 2ヶ月ぐらい前から、右膝の内側が急に痛くなり、歩くのも車の運転も和式トイレ、

正座も困難になりました。

 左足にもすごく負担がかかるので、今に左膝も痛みがでたら...と、

とても不安になりました。

 

Q② それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科を受診し、レントゲンを撮り『変形性膝関節症』と診断され

膝に注射し痛み止めの薬、リハビリに通ったりしました。

 1度整体院にも行きました。

 

Q③ ②のことをした結果どうでしたか?

  注射や痛み止めの薬が効いている内は、痛みが和らぐのですが

また痛みが出たりを繰り返し、このままで良いのだろうか?

本当に『変形性膝関節症』なんだろうか?と思うようになりました。

 

Q④ 他にも病院や接骨院があるのに、なぜみずはる接骨院に来て頂けたのでしょうか?

 思ったような効果がみえず、症状がひどくなってきたので不安になり

ネットで検索したところ、みずはる接骨院のホームページに辿り着き、

先生の言葉や患者さんの声を読み『ここしかない!』という想い

予約の電話をかけていました。

 

Q⑤ みずはる接骨院に通われて、結果どうでしたか?

  びっくりする程、膝が楽になりました!! 

  初診では、私の話をじっくり聞いてくださり、質問に詳しく説明してくださいました。

治療後はびっくりするほど右膝の痛みや張りが無くなって、すごく感激しました。

やはり私の思ったとおり『鵞足炎』という病名と分かりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 治らないと諦めず、まず1度、みずはる接骨院に来て水野先生にお会いして下さい。

不安が無くなる心も身体も元気になれるはずです。

私は、水野先生に診ていただいて本当に良かったと思っています。

 

【みずはるより】

 H.S.さんは右膝に痛みがあり、かばっていたので左膝も痛みが強くなって

不安になっていました。本当に歩けなくなるんじゃないかと言うおもいがありました。

症状が改善せず不安な気持ちで電話を頂きました。

まず、H.Sさんの体の状態、心の状態を確認させて頂き、不安な気持ちを確認。

H.Sさの膝の状態、体の状態をH.Sさんが理解できるように説明をしました。

私はゴッドハンドでは無いので、治療だけで良くすることは出来ません。

H.Sさんの、仕事や家事、自宅での過ごし方をアドバイスをさせて頂きました。

H.Sさんが自分の状態を理解して、治療を続ける事によって不安も減っていき、

膝の状態も良くなっていきます。

同じように痛みで悩まれている方は是非、みずはる接骨院へご連絡下さい。                      

 

 

H.Sさん 愛知県稲沢市 51歳 女性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

◯このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、根本改善した生活を取り戻して欲しいのです。

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、当院で根本改善された方のように、膝の痛みから解放された生活を取り戻して欲しいのです。

根本改善を諦めてしまい、膝の痛みと共に時間ばかりが過ぎ、そのうち杖をつき、車椅子の生活となり、いずれ寝たきりの生活になり、ご家族の負担を不憫に思いながら人生を終えていく、なんてことには絶対になって欲しくありません。

◯世間の9割は膝治療「一時的な対処療法」だけしかしていないという事実

  • 病院でのレントゲン診断で骨には異常なし
  • 軟骨がすり減っている

このような理由から、ヒアルロン酸注射を勧められた方もいらっしゃるかと思います。

先ほどお伝えした通り、このヒアルロン酸注射は、痛みを一時的に緩和させるのが目的。あくまで一次的な対処療法ですので、根本的な膝の痛みの原因を取り除く処置ではありません。

しかも、ヒアルロン酸注射も、実は全く効果が無いということは、海外では常識となっています。

米国の整形外科学会(AAOS)では、ヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていないことは、日本ではあまり知られていません。米整形外科学会はヒアルロン酸注射に有効性が認められなかったと、正式に発表しています。

効いたと感じているのは「プラシーボ効果」だ、というのが、海外では常識となっているのです。

ヒアルロン酸注射は、何ヶ月続けようが、そのときだけの痛みは和らいでも、単なる一時しのぎ。その間も、あなたの膝は負担がかかり続け、実はどんどん悪化していくだけというのが、日本の整形外科的なアプローチによる膝治療の落とし穴です。

世の中の膝治療が、本来の根本改善の治療とはかけ離れた根拠の無い一時的な対処療法であることを、もう少し詳しくお伝えします。

水を抜いても根本改善には至らない

膝に水が溜まり、定期的に水を抜くための注射を受けに通院されている方もいらっしゃると思います。

膝に水が溜まる原因は、膝の蓄積された負担からくる、関節の炎症が原因です。 本来、膝の水は関節を円滑に動かす潤滑油のような役割を持っています。

関節に炎症が続くと、その炎症を抑えようと水(滑液)が余計に出てしまいます。 本来、この水は関節に自然と吸収されていくものですが、炎症を抑えようと余計に出続ける為に、自然な吸収が追いつかずに膝にどんどん水が溜まっていくのです。 水を抜くと確かに、一次的には楽になります。

膝を圧迫していた水がなくなると当然膝が動きやすくなりますが、水を抜くだけで膝が良くなる訳ではありません。

その間にも、あなたの膝の負担の根本原因を取り除かない限りは、膝に負担をかけ続け、時間の経過と共にさらに悪化が進みます。

体重や加齢、運動不足が原因?

今までの病院や治療院であなたは

「体重で負荷がかかっているので痩せましょう」と言われたことはありませんか?
痩せれば当然膝への負担は軽くなるのも事実です。しかし、体重が重い人でも膝を全く痛めていない方もいらっしゃいます。

加齢なので仕方ないです」と言われたことも無いでしょうか?
これも全く膝の痛みとは関係がありません。お年寄りの方でも膝を全く痛めていない方もいらっしゃいます。

運動不足なので運動してください」とも言われたかもしれません。
これも、膝の痛みには全く関係がありません。むしろ、あなたは筋肉の使いすぎなのです。

どうして筋肉の使い過ぎなのか? あなたは、膝の痛みをかばうように、足をひこずって歩いたり、前屈み傾向な姿勢で歩いていたりしていませんか?

実は膝の痛みをかばうような姿勢、その姿勢こそが、一番膝の周辺の筋肉に負担がかかってしまうのです。

あなたが今やるべきことは、痛いのを無理して筋力トレーニングをすることや、筋力アップの運動をすることではありません。

むしろ、かばうう動作をして無理に酷使している、膝周辺の筋肉のストレスを取ることをしなければいけません。

そして、整形外科での最終手段は「手術」になる

症状が重くなった方は、最終的に手術を勧められた方もいらっしゃるかもしれません。

その上、『手術をしたとしても、痛みが取れるとは限らない』と病院で言われ、あなたは驚いたかもしれません。

なぜ手術をしても、根本解決しない可能性が残るのか。それは、「膝の痛みを発生させた根本原因がわからない限り、また再発する可能性が髙い」ことを意味します。

また再発する可能性があり、手術では根本改善には至らないという意味で言っているのです。

その事を、病院の先生もわかっていながら、外科手術を勧めているから『痛みが取れるとは限らない』と言うしか無いのです。

これが、日本の一般的な医療機関での膝治療の限界です。

変性断裂による半月板損傷と、その膝の痛みは、あなたの人生の時間をかけて、徐々に蓄積された普段の生活や動作の癖、身体的な歪みなどによる、長い年月をかけてきた負荷が膝の症状として現れているのが、根本的な原因です。

当院では、そのような方の症状を圧倒的な手技と、10年以上の施術実績で必ず快方へ導くことができます。

今まであなたが受けてきた治療やアドバイスは、全て膝にとっては全く無関係か、むしろ逆効果のアドバイスばかり受けてきていたという事実が、世の中の膝治療の現実です。

 

まだ、今までの古い膝治療の非常識を信じますか?

あなたの半月板損傷の根本原因を取り除くことが、唯一の膝の根本改善に繋がる!
私に一時間だけ時間をください。手術の手からあなたを必ず開放します!

◯なぜ半月板損傷の治療にここまでの自信を実勢を誇るのか

レントゲンやMRIで部位だけを見て膝の状態を診断するだけでは、根本的な原因までは見えません。

当院の施術では、半月板損傷と診断され手術を勧められるほどの難治性の膝の痛み、変形性関節症や、人工関節を勧められるほどの人たちが、なぜ当院の治療で根本改善へと導けるのか、そのポイントを2つお伝えします。

その1:膝の根本改善に大切なこと、それは「なぜ膝に痛みが出るのか?」を知る所から

半月板損傷による膝の痛みは、長年蓄積された膝に対する負荷が原因です。ただし、加齢や体重増加が根本原因ではありません。間接的な要因にはなりますが、根本原因を助長させている、という程度の問題です。

根本的な要因は、その人、一人ひとりの骨格の歪みや、歩行の癖、日常生活での動作、立ち仕事を長年経験されてきた方などの様々な要因が、膝に負担をかけ続け、膝のバランスが少しずつ崩れていきます。

特に、膝の関節は日常動作の中で、体重が乗る状態で一番動きが大きく動く部位でもあり、支える筋肉も一点に集中する部位ですので、負荷が一番かかる関節です。

バランスを欠いた膝は、さらに負担が高まり、痛みはどんどん増していきます。そして、その痛みをかばうような動作を取るようになると、さらに膝や周辺の部位にまで影響し、筋肉は硬直し、筋力が衰え、、どんどん膝に負担がかかるという、悪循環に陥ってしまいます。

痛みの原因は膝の関節ではなく、膝周辺の筋肉の疲労、異常なまでの硬直が本当の原因です。膝関節周辺の筋肉の硬直は、骨盤のインナーマッスルの筋肉にも影響し、当院に来院される膝の痛みを訴える人の9割は、股関節周辺の筋肉も異常な硬直が出ている状態になっています。

長年の動作のストレスが膝に蓄積し、痛みが出始め、その痛みを抑える為に、体は水(滑液)を過剰に出し始め、水が溜まり、その状態が続けば軟骨がすり減り、いずれ膝のクッションの役割である軟骨も無くなり、変形性膝関節症などの難治性の状態に陥ります。

 

たとえ、病院で人工関節の手術を勧められる位の状態でも、根本原因である体の負荷のバランスを施術で補正し、筋肉を元のストレスの無い状態に戻してあげれば、軟骨がすり減っている状態でも全く痛みが無い状態まで、痛みをコントロールすることが可能になります。以前と同じように歩行できるまでに根本改善することは可能なのです。

当院では、初診時には長い時間を取り問診をし、歩行テストなども実施しながら、生活習慣の把握、歩行時の体の使い方、普段の負荷のかかり具合、痛みが出るタイミング、痛みが和らぐタイミング、骨格のずれなどを把握し、綿密な検査を行います。

一人ひとりの根本的な原因を見抜いて筋肉の負荷の状態や、体全体の筋肉や骨格バランスからアプローチする治療は、外科的なアプローチではできない治療です。

膝の痛みの根本原因にアプローチし、本当の『膝の治療』を当院では実施します。

 

今まで、あなたは、本当の意味の『治療』を受けていなかっただけなのです。これが、当院の圧倒的な改善率の理由のひとつです。

その2:『治る』という希望を取り戻し、患者様が前向きに治療に取り組める力を高める

当院の問診により、根本原因を見抜けば、あとは治る為の治療に進みます。

ほとんどの患者様が根本改善を諦めている状態ですので、まずは『治らない』という考えから『治るんだ』という希望を感じて頂くことで、患者様も前向きに治療に当たることができるようになるでしょう。

その気持ちがとても大切で、体は『治る』と感じれば、あなたの体本来の治癒力が上手に働くようになり、今まで曲がらなかった膝が少しずつ曲がるようになることを体験していくことになります。

そうなると、痛みがなかった以前の状態の体の使い方が取り戻せるようになり、さらに膝の負担となっている根本原因が消えていきます。

体重や加齢が根本原因ではないということが、ご理解頂けるかと思います。

これが、2つめの当院の圧倒的な改善率の理由です。

当院は「半月板損傷による膝の痛み・変形性膝関節症」の根本改善が得意な整体院です

半月板損傷による膝の痛み・変形性膝関節症は、手術をしなくてもしっかり根本改善が可能な症状です。だから、諦めないでください。

あなたのその膝の痛みは、関節そのものが原因ではなく、その他の箇所に原因がある場合がほとんどです。

まずは、膝のねじれやズレを正しい状態に戻すことで、正しく膝の機能が復活するように、全体的な調整をしていきます。直接的に膝のねじれを調整するだけではなく、骨盤のズレや足首、股関節など、様々な関節が要因として考えられますので、根本的な問題がどこにあるのかをしっかり見極めて調整していきます。

根本的な要因がわかれば、しっかりと原因となる箇所を調整し、根本的な改善へと施術していきます。自宅でのセルフケアなどもアドバイスしますので、あなたの膝の痛みを一緒に改善していきましょう。

当院では、半月板損傷による膝の痛み・変形性膝関節症の症状がどこから来ているのかを見抜き改善していきます。半月板損傷による膝の痛み・変形性膝関節症の専門の整体院として、本当の原因を探り根本改善へと導きます。そのプロの施術と手技を体感してください。

愛知県・岐阜県・三重県に限らず、他県からも多くの方が通って頂き、多くの方が「こんな簡単に本当に痛みが消えて元の生活が送れる!」と喜んで頂いています

当院の膝の根本改善で行う5つのチェックポイント

みずはる接骨院では、根本改善の治療に向けた施術の際に、5つのポイントをチェックし治療計画をご提示しています。

1.膝周辺の筋肉の状態のチェック
2.膝の動きや股関節の動きなどの関節の可動域のチェック
3.膝の屈伸制限の確認
4.0脚、X脚などの膝の歪みの確認
5.歩行や動作チェックによる体の使い方のクセの確認

一般的な「治らない膝の治療」と、当院の「根本改善する治療」の違いをまとめます

◯痛みの原因

一般的な医療機関や整形外科
軟骨のすり減りや骨の変形

当院の根本治療の考え
膝周辺の筋肉や関節包の硬直や萎縮、骨盤周辺の深層筋の硬直や筋膜の歪み

◯レントゲンでの診断結果で異常が無い場合

一般的な医療機関や整形外科
鎮痛剤や湿布による一時しのぎの対応

当院の根本治療の考え
筋肉の異常や体の使い方の改善による、軽度な症状からでも根本原因を見抜いて改善を行う

◯半月板や軟骨の変形やすり減り

一般的な医療機関や整形外科
半月板の損傷や軟骨のすり減りが痛みの原因

当院の根本治療の考え
半月板や軟骨には痛みを感じる神経が無いという医学的根拠に基づく判断を行い、痛みを生じさせている原因を追及

◯体重による影響や加齢による筋力低下等の影響

一般的な医療機関や整形外科
体重が重いと、体重が原因と判断し運動をして痩せることを推奨。
加齢による要因で、筋力低下や関節の痛みを指摘。筋トレなどを推奨。

当院の根本治療の考え
体重や加齢に関係なく、体の使い方や膝へ負担をかけている状態を見抜いてその状態を改善する

◯症状の重症度合いの判断基準

一般的な医療機関や整形外科
半月板の損傷や軟骨のすり減り具合を基準に判断。場合によっては人工関節等の外科手術を推奨。

当院の根本治療の考え
関節の柔軟度や筋肉の硬直の状況で判断する。

◯症状改善に向けた改善指導

一般的な医療機関や整形外科
筋トレ。散歩などの運動。

当院の根本治療の考え
過度に負担がかかっている筋肉の硬直を緩め、筋肉を休ませる。

◯体のバランスや姿勢等の影響

一般的な医療機関や整形外科
診察されることもなければ、影響すら把握しようとしない。症状が出ている部位のみを診断する。

当院の根本治療の考え
膝の痛みが出ている部位以外に根本原因があると判断し、体の使い方やバランス、日常生活の中の姿勢が大きく関係していると判断する。

このように、改めて一般的に行われている膝の治療と、当院の根本改善に向けた施術のアプローチが、全く違うことに気づいて頂けるはずです。

10年以上の治療経験と・施術実績の中で、私が根本改善に向けた治療に向き合った中で行き着いた施術方針です。

今までの治療は忘れてください、と最初にお伝えいたしましたが、当院に来院されるほとんどの患者様は「ここに来て初めて膝の治療をしてもらった!」と、みなさん口を揃えておっしゃいます。その理由はあなたにもご理解頂けることと思いますので、根本改善に向けた治療に共感いただけるようなら、当院の施術を体験して頂ければ、必ずあなたの膝の痛みを開放へ導きます。

 

あなたは、まだ本当の半月板損傷の治療を体験したことが無いのです。当院にはあなたを救う治療があります。

当院の施術があなたの膝の痛み・変形性膝関節症に対して結果を出せる理由!

◯その場しのぎでない、根本的な症状改善を目指します

あなたが今まで通ってきた整骨院や整体院では、簡単な質問の後にいきなり施術をされたという経験はありませんか?

当院が大切にしているところに「徹底した根本原因の究明」があります。1人ひとりそれぞれ状況や症状が違いますので、まずはあなたの状態をじっくりお伺いし検査をおこないます。

その上で的確な判断の元に施術にあたります。

まずは根本的な原因を特定する為に、しっかりとカウンセリングを行ない、一人ひとりの症状と根本的な問題にアプローチします。だからこそ幅広い症状に対応ができ、多くの方に効果を実感頂ける施術がご提供できます。

◯体のスペシャリスト柔道整復師(国家資格保有)が、施術を行うので安心!

良くある整体やカイロプラクティックやマッサージ店は何の資格もなく営業ができることを知っていますか?

近年、資格を持たない未熟な施術者が増えることで、施術事故も増えています。基本的に安さや手軽さを売りにしたそのようなサービスは、その時の一時的な気持ちよさだけを求めるには良いのかもしれません。ただし、あなたの膝の痛み・変形性膝関節炎を根本から改善できるかというと疑問が残ります。

安い料金には理由があります。辛い症状で悩んでいるあなたご自身の体を委ねる訳ですから、本当に何が大切なのかを真剣に考えてみてください。根本的な症状改善と向き合いたい、本気で膝の痛み・変形性膝関節炎を改善したいと思うのなら、当院へお越しください。

当院では、国で認められた「柔道整復師」「鍼灸師」という国家資格保有した院長が施術にあたります。体の施術のスペシャリストが施術を行ないますので、安心して施術を受けて頂けます。

当院では、一時的な慰安やリラクゼーション目的ではなく、根本的な症状改善を目的として通院される方ばかりですので

  • 元気だった時の体を取り戻す
  • 長年諦めていた辛い症状を本気で改善する
  • 健康維持の為のメンテナンスをする
  • より良い生活をする為に定期的に通う

 

といった、強い思いと目標を持った方、自分自身の体の健康の為に本気で向き合い、時間とお金をかける価値があると納得された方々が多く通われます。

◯愛知県では珍しい様々な治療技術を組み合わせて、あなただけの完全オーダーメードの施術を!

当院では、柔道整復師という国家資格を持った体のスペシャリストが施術します。みなさまのお体やお悩みの状態に合わせて、様々な効果の高い施術をご提供しています。

特にスポーツをしている方や、他の院や病院では原因が不明な症状などに効果的なのが、「かっさ」と呼ばれる筋膜療法が効果的です。かっさ療法は古来からある歴史の長い治療法です。

『筋肉を覆う膜=筋膜』が癒着することで生じる可動域制限、痛み、筋力低下、機能制限などの筋膜に原因がある症状は、レントゲンや病院の診断では判明できないものですが、アメリカなどではスポーツ障害の治療の一環として注目が集まってきている療法です。

この筋膜療法が、元々日本古来から受け継がれてきた「かっさ療法」と同じ手法なのです。

膝の痛み・変形性膝関節症の原因となるこの筋膜の癒着ポイントを特定し、筋膜の癒着をリリースし、可動制限を改善することで、長年改善しなかった膝の痛みが嘘のように改善した、とお喜びの声を多数頂くようになりました。

スポーツでのお悩みや原因が特定できない長年の膝の痛みなどは、一度このかっさ療法を体験して頂ければと思います。

 

さらに、愛知県では珍しい「テクトロン療法」という施術法も導入しています。

 

血行促進作用による老廃物の排出、筋膜癒着のリリース、痛みやコリの原因となる深部の筋肉や末梢神経に刺激を与えることができるようになり、膝の痛みに効果的な施術です。

 

かっさ施術による筋膜療法と、テクトロン療法による施術を中心に、あなたのお悩みに合わせたオーダーメイドの幅の広い施術をご提供できますので、どこに行っても変化が無かったという方も、ぜひ一度当院へお越しください。

アメリカに本部を置く、NSCAパーソナルトレーニング資格も保有。

私はNSCAパーソナルトレーナの国際資格も保有しています。

NSCAとは、ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立され、世界52ヶ国、33000人の会員が所属する団体です。

スポーツ医科学の研究室とトレーニングの現場を直結し、理論と実践の橋渡しをする役割を果たし、活動を続けています。

「NSCA Certified Personal Trainer:NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)」は、個別のアプローチを用いて、クライアントの健康と体力のニーズに関して、評価、動機付け、教育、トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

NSCA-CPTは、アスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者などがこの資格を取得しています。

膝の痛み・変形性膝関節症が楽になった!とお喜びの声を多数いただいています。

みずはる接骨院は慢性の膝の痛み・変形性膝関節症の症状を取り除く施術を得意としています。

多くの患者様から『痛みを気にしない生活が取り戻せた!』とお喜びの声を頂いております。

みずはる接骨院はまだ開院して1年にも満たない院ですが、今では評判が広がり、県外からも来院頂く、人気の接骨院として予約を多く頂いています。

1人ひとりに合わせた施術で、今までの治療では治らなかった、諦めていた膝の痛み・変形性膝関節症を本気で改善したいなら、みずはる接骨院が全力でサポートしていきます!

半月板損傷の膝の痛み・変形性膝関節症が楽になったら、このような生活が待っています!

  1. 歩けなくなるのではないかという不安が無くなる
  2. 階段を1段1段降りられるようになり電車にも乗れる
  3. 毎日、痛み止めを飲んだり湿布を貼り続けなくてよくなる
  4. 旅行の誘いを断っていたけど行けるようになった
  5. これまで以上に楽しい人生を送ることが出来る
  6. 仕事中ずっと膝の事を気にしなくても良くなり集中できる

ぜひこのような生活を取り戻しましょう。

あなたのため、そしてあなたのことを大切に思っているご家族のためにも。あなたが一番大切したいと思っている人の為にも。

あなたはもう一人で悩む必要はありません。最後の勇気を振り絞って、藁にもすがる想いでこのページを最後まで見て頂いたあなたのその気持ちを、私がしっかりと受け止めます。

今までずっと苦しんできた、その膝の痛みと苦しみから一緒に抜け出しましょう!

お試しキャンペーン
人数限定となります 

9月25日までの期間限定

施術1回 通常 7,000

初回限定 1,980

お電話の場合、
『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝え下さい。

完全
予約制

お気軽にお電話ください。

予約の際は『ホームページを見て予約をしたいのですが』とお伝え下さい。

0567-69-8200 0567-69-8200

営業時間9:00~20:00 

みずはる接骨院 

住所
〒 498-0021
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
アクセス
電車の場合
 ・近鉄弥富駅から徒歩14分 
 ・JR弥富駅から徒歩14分

・三重県方面からお越しの方
 国道1号線を、名古屋方面へお越し下さい。
 左側の熟女キャバクラさんを超えて210m
 ⇨喫茶白樺さん横
 ⇨左側に みずはる接骨院 到着 

・名古屋・蟹江町方面からお越しの方
 国道1号線を、三重県方面へお越し下さい。 
 左側のピアゴ十四山店さんを超えて700m
 ⇨コメダ珈琲さん超えて350m
 ⇨右側に みずはる接骨院 到着
代表者
水野 晴良(みずの はるよし)
電話番号
0567-69-8200 0567-69-8200

不定休

営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

ソーシャルメディア

PAGETOP