みずはる接骨院 

国道1号線沿い 
土日も施術可能・予約制の接骨院です。
予約はお早めに入れて下さい。

住 所
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

膝の痛み・変形性膝関節症

あなたの膝痛が改善しないのは、年齢や筋力・体重のせいだと
諦めていませんか?

○○整形外科、○○整体院で
膝の痛みが治らず
もう歩けなくなるかも・・・
という不安から解放されて

膝の痛みを今すぐ
改善したい方は他にいませんか?

以下の悩みでしたら当院で解決可能です

朝、起きると膝がこわばっていて痛みがある

椅子に長く座っていて、立ち上がると膝がズキンと痛む

正座をしたいど、曲げると痛いから避けている

ヒアルロン酸注射を打っているけど改善しない

は手すりが無いと怖くて一段一段降りている

が無いと歩くのが不安

膝の軟骨が無く人工関節膝関節手術するしかないと言われた

今続けている治療であなたの膝の痛みが改善しない理由

なたが当院のホームページを目にしているということは、
整形外科や整体院・鍼灸院に通っているのに膝の痛みが改善していないのでしょうか?
なぜ、あなたの膝の痛みは治療を受けても改善しないのか?

「治療しても良くならないから、手術しかないのかな」と
不安を抱えているのでは無いでしょうか?

あなたの膝の痛みの原因は

・軟骨が無い

・加齢

・筋肉が弱い

・体重が重い

から仕方ないと諦めていませんか?

一般的に膝の痛みの原因は、軟骨が無い・加齢・筋肉が弱い・体重が重いのが原因だと言われていますが、実は、すべて間違いです。

今あなたが受けている膝痛治療が間違っているから膝の痛みが改善しないのです。
整形外科の先生が見逃している、膝痛治療の真実を知って頂き、治療を行えば改善していきますので安心して下さい。

『膝の痛みは膝関節だけに原因がある』という嘘

なたが今まで受けてきた膝痛治療で「膝関節」以外をしっかりと診てくれた先生はいましたか?

レントゲンだけを見て「軟骨がすり減っていますね」と言われたんじゃないでしょうか?

膝の関節だけでなく、足関節や股関節、足の指、腰の動き、歩き方や体の使い方、立ち方など見てもらいましたか?筋肉の状態はみてもらいましたか?

特に膝関節は関節の中で最も不安定な関節であり、「股関節」や「足関節」の影響を最も受けやすい関節なのです。

解剖学的にも運動学的にも証明があることなんです。静止した状態で撮影するレントゲンだけで膝の痛みを評価することは出来ないのが現実なんです。

レントゲンに写っている、軟骨のすり減りの大小は、今まであなたが送ってきた生活の質や運動量・仕事などで膝に負担をかけてきた結果なんです。膝の痛みの根本原因はレントゲンだけでは分からないのです。

膝関節以外の要因も、含めて総合的に身体を検査し・治療していく必要があります。

あなたが今まで受けてきた膝痛治療はどうでしたか?

  • 膝に電気を当てる
  • 膝に湿布を貼る
  • 膝へヒアルロン酸注射を打つ
  • 膝の水を抜く

このように膝に対してだけ治療を受けているんじゃないでしょうか。

痛みの初期段階の方は、このような治療で改善する方もいます。しかし、痛みが長期化している患者さんは、膝に対してだけ治療を続けていると症状は悪化していきます。膝の痛みだけでなく、太ももの痛み、ふくらはぎの痛み、腰やお尻の痛み、痛みの範囲が増えていきます。それでも治療方法は変わらない。膝に対しての治療だけを続けても改善はしないどころか悪化していきます。

 

現在の整形外科や治療院で行われている膝痛治療の90%以上が膝関節のみしか治療を行っていないのが現実なのです。

これらの治療を続けてどれくらいの月日が経ちますか?

今受けている治療で効果が出ているのであれば、今のまま治療を続けていく事であなたの膝の痛みは改善していくでしょう。

しかし、治療を続けていても効果が無い、もしくは少しづつ悪化しているのなら、あなたの受けている治療法が間違っているかもしれません。

一度その変わらない治療から離れてみませんか?

関節の変形=痛みではありません。

 

膝に原因がないならどこに原因があるのか?

くまでも現在あなたに出ている膝の痛みは「結果」として出ているものです。

小さなストレスが少しずつ蓄積することで「痛み」が生じ、その痛みを薬でごまかしたり我慢するとでさらにストレスが蓄積して「変形」が生まれるのです。

では、何が膝痛治療に1番重要なのか?もうお気づきですよね

「膝にかかる小さなストレスを明確にする」

        

これが出来る接骨院は当院です

これが膝痛治療に必須の条件となります。この条件を満たせない「整形外科・接骨院・整体院」は間違いなくあなたの膝の痛みを改善することはできないでしょう。

ここが当院の一番の強みであり、どこも真似できない技術なのです。

患者様の声をお聞き下さい。患者様が証人です。

膝が痛くて、歩行も家事も困難になり、仕事も出来なくなっていた鈴鹿市の木村さん。痛み無く普通の生活ができるまで回復。

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 膝が痛くて歩くのも困難で寝返りも出来なかった。

家事も思う様に出来ず困っていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

何件か整形に診てらいましたが、痛み止めと注射のみの治療

半年以上通いました。

 

Q③その結果どうでしたか?

痛み止めで胃が荒れ、徐々に痛みが増し歩行困難

同じ体勢を長時間とれなくなり横になる事が多くなり

仕事が出来なくなりました。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 ネット検索というのもあり最初はとても不安でしたが

プロフィールで先生の思いを読んで信じてみようと思いました

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

初めて受診した日、一時的でしたが帰りには痛みが和らぎました。

その後先生から生活面でのケアのアドバイスなど頂きながら

通う度に良くなり

今では痛みもなく歩ける様になり普通の生活が出来る様になりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 話もよく聞いてくれ症状に対してより良い施術をして頂けます。

内面のケアもしてくれ、とても誠実で信頼の出来る先生です。

一度、受診して先生とお会いすれば、わかると思います。

 

 

木村さんは膝の痛みで何件か整形外科に通われていました。

医師からは手術も勧められていいました。

歩けなくなと不安になり、辛い毎日を送っていました。

治療を続けていくことで、出来ることが増えていき

今では膝の痛みを忘れ、階段の昇り降りも出来るようになり

ゴルフのラウンドへも行けるようになりました。

三重県鈴鹿市 木村さん 50代 女性

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

車椅子を卒業し、杖も卒業、薬も卒業し、楽に30分歩けるようになった、三重県朝日町の井上さん。

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 変形性股関節症により歩行困難になり痛みがありました。

手術をしましたが姿勢が悪く少し歩くとすぐに疲れてしまっていました。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科に通ったり、他の接骨院に何回か行きました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 自分の思うような改善になりませんでした。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで近くの接骨院と調べていたら、

みずはる接骨院のページが出てきて

先生の思いと他の接骨院と違うと思いました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 薬を使用せずここまで回復することにびっくりしています。

今では歩行も30分は楽に出来るようになりました。

 

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 病院ではなかなか聞けない事でも水野先生はきちんと答えていただけます。

姿勢や歩き方の指導も丁寧にしていただき納得するまでケアしていただいて

私は外へ出かける事が多くなりました。

周りの人に笑顔が増えたし姿勢も良くなったと褒めてもらってます。

 

【みずはるより一言】

井上さんは初診の時、不安そうな表情、歩き方も不安、このまま歩けなくなると不安で来院されました。まずは不安な気持ちを和らげる事に全力を注ぎました。

不安な気持ちがなくなって今では、来院する度に歩きも良くなり笑顔が増えました。

散歩すると皆さんに、「姿勢良くなったね」と声を掛けられるようになり喜ばれています。

初めは歩けなくなるかもと不安だった井上さんも、今では電車に乗って名古屋へ行けるまでになりました

体を動かす事が出来るように体重も減っています!

 

                        

井上由美子さん 三重県朝日町 50代

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

腰・お尻の痛み・左足のシビレで立てない・歩けない・寝られなかった痛みが改善。愛知県名古屋市 佐藤賢次さん

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 左側の腰とお尻の痛み、左足のしびれが出ました

痛みで立っていられない、

腰を90度曲げて数メートル歩くのがやっとでした。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

整形外科へ受診しました。

腰と尻の痛いところに痛み止めの注射・筋肉をほぐす血管注射

湿布と痛み止めの錠剤を処方されました。

 

Q③その結果どうでしたか?

注射は共に効果なし

痛み止めの錠剤をきついのに変更してもらいました。

のちに、神経の痛みを和らげる薬と血流をよくする薬を処方される。

効果は....。(無かった)

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 整形外科では(お医者さんに)半年位で痛みは緩和すると思うと言われましたが

痛みに耐えられず、腰痛でネット検索しホームページで患者さんの声を読んで

1回だけでも診ていただこうと思いました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 初めは不安でしたが問診で丁寧に説明していただき

初回の治療から少し楽になりました。

治療の度に良くなっていくのが分かりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 最初は不安でしょうが、

まずは1回だけでも受診してみては!

 

【みずはる接骨院より】

佐藤さんは初診時、腰を曲げて歩いていました。

寝ていても痛いため痛みだけでなく疲労も強い状態でした。

お仕事も休まれていて、早期復帰を目指し

一緒に頑張って治療していきました。

徐々に痛みが緩和し、腰も伸ばせるようになり

寝られるようになっていきました。

無事仕事復帰して頂けるまでサポートさせて頂きました。         

 

 

名古屋市 佐藤賢次さん 48歳

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

8年前から膝への注射を繰り返していた加藤さん。今では痛みに対して不安なし。 加藤久美子さん 三重県桑名市 

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 8年前から右膝の痛みに悩まされました。

 最近では左膝も痛みだし、今ままで通りの生活が困難になってきました。

 将来 足がどうなってしまうのか不安です

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科を何件も受診しましたが、

どこの病院でも膝に注射・湿布・痛み止めの薬の繰り返しで一時的には

薬で楽になるのですが....。

 

Q③その結果どうでしたか?

 薬による一時的な改善、少し無理な活動をすると最悪の状態。

 いつまでも薬ばかりには頼りたくない

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで(膝の痛み)を検索していたら、

みずはる接骨院が出てきて先生の熱い思いと、

患者に対する気持ちが感じられて。

 接骨院は初めてなのですが、先生に託してみようと思いました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 初日治療後、自分の脚じゃないほど軽く、痛みもなく???

 今までの8年間はいったい何だったの?って感じでした。

 これからは、痛みに対して不安がなくなりました。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 病院では長い時間待たされ、やっと診察。

流れ作業的で聞きたい事もなかなか聞けず不安が残っていたのですが、

水野先生はいろんな質問にきちんと答えてくれます。

 痛みのケアもココロのケアもしてくれます。

 

【みずはるより一言】

 加藤さんは8年間膝の痛みがあり、痛みが続くと不安になります。

治るんだろうか、このまま歩けなくなるんじゃないか? 

初診では、その不安を軽くする事が大切だと思います。

お話を聴き、どんな事で困っていて、どんな不安があって、どんな治療をしてきて、

今後どうなりたいのかなど、患者さんのお話を聴きます。

 痛みが長ければ長いほど、不安・恐怖が痛みを増幅させる事が多々あります。

 加藤さんの今の状態を確認し、安心してもらえると治療効果も変わりますし

希望が見えてくるので不安も和らぎます。

 自分の状態がわかって頂き、まずは痛いことをしない、

痛いことをすると不安になったり恐怖心が出てくるので良くないことが多いです。

 治療だけでなく、日常生活の過ごし方もアドバイスさせて頂くので、

痛みは軽減していきます。

 不安なく海外旅行楽しめるように頑張りましょうね!

8年間膝の痛みに悩まされていた 加藤久美子さん 三重県桑名市

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

正直こんなに早く膝の痛みが無くなるとは思わなかった。 東海林さん 83歳男性 一宮市

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 3年ほど前らか右膝が腫れて水を抜く状況が毎年続いていました。 

昨年10月、歩行中に突然左膝に異変がおこり膝痛で歩けなくなりました

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 右膝の腫れは水を抜きヒアルロン酸注射をうってました。年に一度でした、2年続きました。

 左膝の時(今回)は接骨院で低周波電気施術をしていました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 左の膝の電気治療は長期間かかり、一時的に楽になってもとに戻ってしまいます。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 不安と焦りでネットで検索して『みずはる』接骨院のホームページを見て、先生の膝に関する説明とみなさまの声をみて、私も良くなるかもと思い電話しました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

 半信半疑、正直こんなに早く(3回目で)膝の痛みもなくなり、6回の治療で終了でした。

 不安もなく今は30分程のウォーキングをしてます。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 整形外科などの治療で悩んでおられる皆さん、一度『みずはる

』先生の所へ来てみて下さい。

東海林 眞一さん 83歳 一宮市

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

歩くのが困難で階段も辛かった。不安がなくなり正座も出来るようになりました。 M・Yさん愛西市 70代女性

Q①今までどのようなことでお困りでしたか?

 以前より左膝の痛みがあり湿布をすれば治まっていました

今年の3月に長時間正座をした後から膝が痛くなり

歩くのが困難になりました。階段の昇り降りもつらかったです。

 

Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?

 整形外科に行き、レントゲンを撮り膝が少し変形してきていると言われ

膝の注射と電気治療をしました。

 

Q③その結果どうでしたか?

 半年ほど通いましたが最悪の状態は脱したものの、

今ひとつ痛みが取れません。また、右膝も痛く感じる様になりました。

 

Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?

 スマホで膝関節の名医で検索したらみずはる接骨院が出てきました。

新聞のチラシで開業された事は知っていました。

膝が専門と思っていませんでしたが

膝の悪い方も治療して治っていることが分かりました。

 

Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?

不安を抱えながら来院しましたが、丁寧な問診で、

今の状態・今後の治療をきちんと説明して頂き

はじめての治療の後、楽になりました。

3ヶ月目になりましたがほとんど痛みもなくなりました

ただ仕事上足を使うのでその時は足が重くなりますが、

自分でどうすればよいかアドバイスしていただきましたので

安心しています。

 

Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。

 先生は患者に向き合い

患者さんに合った治療で痛みの軽減・生活の注意点・予防など

きめ細かくアドバイスをいただけますので安心して治療ができます。

 

【みずはるより】

Mさんは整形外科で治療をしていましたが、思うように治らず当院へ来院。

Mさん自身が自分の膝の状態、脚の状態を知ることで治療終了後も

ケアの仕方や気をつける事を理解していただけたので、

治療前ののように膝の痛みが出る可能性は低くなります。

 

追伸:Mさんは絶対治すという気持ちで治療を開始、一緒に頑張れたことで

膝に不安が無く仕事や生活が出来るようになりました。

私も凄く嬉しいです。   

愛知県愛西市 M・Yさん 70代女性 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、根本改善した生活を取り戻して欲しいのです。

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、当院で根本改善された方のように、膝の痛みから解放された生活を取り戻して欲しいのです。

根本改善を諦めてしまい、膝の痛みと共に時間ばかりが過ぎ、そのうち杖をつき、車椅子の生活となり、いずれ寝たきりの生活へ、ご家族の負担を不憫に思いながら人生を終えていく、なんてことには絶対になって欲しくありません。

整形外科の変形性膝関節症治療5つの間違い

1.膝が変形したり軟骨が無くなったらもう治らない?

変形や軟骨は直接は関係ありません。

そもそも通常の歩行ではなく、膝に負担のかかりやすい歩行や生活をしていたから膝の軟骨がすり減ってしまったんです。膝の痛みを感じていない方でもすり減っているんです。

事実、軟骨がすり減っても、軟骨自体が痛みを感じることはないのです。

軟骨には、痛みを感じる神経が存在しないからです。これは、生理学の専門書にも記載されている医学的な事実です。

にも関わらず、一般的な医療機関や整形外科では、このように軟骨の変形やすり減り=痛みの原因という、医学的な事実を無視した診断や説明がされているのが、膝関節治療の現実です。

60代の60%の方は膝の軟骨がすり減っていると言われています。同じ年齢の方で軟骨がすり減っている方は沢山いるんです。膝が曲がっていても元気に畑や旅行に行っている方もいます。その方たちはなぜ痛くないのか?考えてみて下さい?

軟骨がすり減っているからと、不安になり過ぎるのはやめましょう。

変形や軟骨は直接は関係ないんです。

まだ、軟骨のせいだと思い込み続けますか?

当院では、変形している軟骨が無いと言われた沢山の方が良くなっていますよ。

2.膝にヒアルロン酸注射をすれば良くなる?

これだけでは治りません。

 

整形外科でヒアルロン酸注射を勧められた方もいらっしゃるかと思います。

このヒアルロン酸注射は、根本的な膝の痛みの原因を取り除く処置ではありません。

しかも、ヒアルロン酸注射も、実は全く効果が無いということは、海外では常識となっています。

米国の整形外科学会(AAOS)では、ヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていないことは、日本ではあまり知られていません。米整形外科学会はヒアルロン酸注射に有効性が認められなかったと、正式に発表しています。

効いたと感じているのは「プラシーボ効果」だ、というのが、海外では常識となっているのです。

あなたも、病院に行きレントゲンを撮り、お医者さんから「軟骨がすり減っているからヒアルロン酸注射を打ちましょう」と言われたんじゃないでしょうか?

ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を関節の中に入れるのです。痛みの原因が関節の中にあれば痛みは改善するはずです。もし関節の外に痛みの原因があれば、何回注射しても膝の痛みが改善する事はありません。変形性膝関節症と診断されても痛みの原因は関節の外側にあることがほとんどです。

関節の外側の原因に目を向けず、何回もヒアルロン酸注射を続けていると、その間も、あなたの膝はストレスがかかり続け、実はどんどん悪化していくだけというのが、日本の整形外科的アプローチによる落とし穴です。

軟骨がすり減る原因となる歩行や日常生活での癖を治さなくて良いんでしょうか?

まずそれを理解し癖の出ない歩き方・体の使い方をしなくてはいけません。

そうでないと、ヒアルロン酸注射を打ちるづけることになりますよ。

ヒアルロン酸注射で効果が出ていない、もしくは膝の痛みが悪化しているのであれば、一度ヒアルロン酸注射を止めてみませんか?

3.膝に水が溜まっているから痛みが出る?

これももちろん、間違いです。

膝に水が溜まり、定期的に水を抜くために通院されている方もいらっしゃると思います。

膝に水が溜まる原因は、膝関節の炎症が原因です。 本来、膝の水は関節を円滑に動かす潤滑油のような役割を持っています。

関節に炎症が続くと、その炎症を抑えようと水(滑液)が余計に出てしまいます。 本来、この水は関節に自然と吸収されていくものですが、炎症を抑えようと余計に出続ける為に、自然な吸収が追いつかずに膝にどんどん水が溜まっていくのです。 水を抜くと確かに、一次的には楽になります。

膝を圧迫していた水がなくなると当然膝が動きやすくなりますが、水を抜くだけで膝が良くなる訳ではありません。

その間にも、あなたの膝の負担の根本原因を取り除かない限りは、膝に負担をかけ続け、時間の経過と共にさらに悪化が進みます。

それでも水を抜き続けますか?

膝の痛みだけでなく、太ももやふくらはぎ、お尻の痛みも出てきていませんか?

4.膝の痛みは体重増加からきている?

これももちろん、間違いです。

お医者さんに、こう言われるたんじゃないでしょうか?

『○○さん、この膝の痛みは体重落とさないと駄目ですね』

家族からも、「体重が重いからだよ、痩せないと駄目だよ」

 

でも、考えてみて下さい

あなたと同じくらいの体重の方でも膝に痛みがなく元気に歩いている方はいませんか?

あなたより明らかに体重が重い方でも痛くない人もいますよね?

100kg以上体重がある方でも痛いのは右膝だけなんて事もあります。

左膝にも負担がかかっているはずなのに・・・

なんででしょうか?

直接関係ないからです。

膝の痛みを治すために病院へ行ったのに『体重が重いからです。痩せなさい。』という答えを求めていないですよね。

「痩せたいけど痛いから運動出来ないんだぁ」と心で叫んでいませんか?

間接的に負担をかけてしまうので、膝の痛みが良くなったら少しづつ運動をして体重を減らしていきましょう。

それもお手伝いしていきますので安心して下さい。

5.太ももの筋力低下によって膝の痛みが出ている?

これも、間違いです。膝が痛いのに運動を続ければ悪化します。

よく整形外科や治療院で『膝の痛いのは太ももの筋力が無いからですよ。歩かないのが悪いんですよ。』と言われるとおもいます。

筋力が無いからだと思い、スクワットやウォーキングを頑張ってしまう方がいます。

その結果、さらに痛みが強くなってしまう。

筋力の低下が原因でも、歩かないのが原因でもありません。

太ももやふくらはぎの筋肉の使いすぎによってそのストレスが積もり積もって痛みにつながるケースがほとんどです。

筋肉にストレスが蓄積され疲れ切っている状態で筋力トレーニングやウォーキングをするとどうなるでしょうか?

痛みがあると正しい歩き方や、正しい姿勢でのトレーニングは出来なくなってしまいます。小指側に体重をかけた歩き方や、膝の関節を固めた歩き方を続ければ痛みは悪化します。

運動をして良い時期、してはいけない時期があります。

正しい歩き方・姿勢でウォーキングやトレーニングをしなければ痛みを悪化させるだけです。

ただ歩けば良い、ただ筋トレすれば良いと無理をするのは危険です。

もしウォーキングや筋トレをしても痛みが改善していないのなら、運動を休む事をおすすめします。

そして、整形外科での最終手段は「手術」になる

症状が重くなった方は、最終的に手術を勧められた方もいらっしゃるかもしれません。

その上、『手術をしたとしても、痛みが取れるとは限らない』と病院で言われ、あなたは驚いたかもしれません。

なぜ手術をしても、根本解決しない可能性が残るのか。それは、「膝の痛みを発生させた根本原因がわからない限り、また再発する可能性が髙い」ことを意味します。

軟骨のすり減りや関節の変形自体が痛みの原因で無い場合、人工関節の手術を受けたとしても痛みが改善しない可能性があります。

その事を、病院の先生もわかっていながら、外科手術を勧めているから『痛みが取れるとは限らない』と言うしか無いのです。

これが、日本の一般的な医療機関での膝治療の限界です。

膝の痛みは、あなたの人生の時間をかけて、徐々に蓄積された普段の生活や動作の癖、身体的な歪みなどによる、長い年月をかけてきた負荷が膝の症状として現れているのが、根本的な原因です。

当院では、そのような方の症状を圧倒的な手技と、10年以上の施術実績で必ず快方へ導くことができます。

今まであなたが受けてきた治療やアドバイスは、全て膝にとっては全く無関係か、むしろ逆効果のアドバイスばかり受けてきていたという事実が、世の中の膝治療の現実です。

 

まだ、今までの古い膝治療の非常識を信じますか?

あなたの膝の痛みの根本原因を取り除くことが、唯一の膝の根本改善に繋がる!
私に一時間だけ時間をください。必ず根本改善へと導きます。

なぜ治療にここまでの自信と実績を誇るのか

レントゲンで部位だけを見て膝の状態を診断するだけでは、根本的な原因までは見えません。

当院の施術では、難治性の膝の変形性関節症や、人工関節を勧められるほどの人が、なぜ根本改善へ導く施術ができるのか、そのポイントを2つお伝えします。

その1:膝の根本改善に大切なこと、それは「なぜ膝に痛みが出るのか?」を知る所から

膝の痛みは、長年蓄積された膝に対する負荷が原因です。ただし、加齢や体重増加が根本原因ではありません。間接的な要因にはなりますが、根本原因を助長させている、という程度の問題です。

根本的な要因は、その人、一人ひとりの骨格の歪みや、歩行の癖、日常生活での動作、立ち仕事を長年経験されてきた方などの様々な要因が、膝に負担をかけ続け、膝のバランスが少しずつ崩れていきます。

特に、膝の関節は日常動作の中で、体重が乗る状態で一番動きが大きく動く部位でもあり、支える筋肉も一点に集中する部位ですので、負荷が一番かかる関節です。

バランスを欠いた膝は、さらに負担が高まり、痛みはどんどん増していきます。そして、その痛みをかばうような動作を取るようになると、さらに膝や周辺の部位にまで影響し、筋肉は硬直し、筋力が衰え、、どんどん膝に負担がかかるという、悪循環に陥ってしまいます。

痛みの原因は膝の関節ではなく、膝周辺の筋肉の疲労、異常なまでの硬直が本当の原因です。膝関節周辺の筋肉の硬直は、骨盤のインナーマッスルの筋肉にも影響し、当院に来院される膝の痛みを訴える人の9割は、股関節周辺の筋肉も異常な硬直が出ている状態になっています。

長年の動作のストレスが膝に蓄積し、痛みが出始め、その痛みを抑える為に、体は水(滑液)を過剰に出し始め、水が溜まり、その状態が続けば軟骨がすり減り、いずれ膝のクッションの役割である軟骨も無くなり、変形性膝関節症などの難治性の状態に陥ります。

 

たとえ、病院で人工関節の手術を勧められる位の状態でも、根本原因である体の負荷のバランスを施術で補正し、筋肉を元のストレスの無い状態に戻してあげれば、軟骨がすり減っている状態でも全く痛みが無い状態まで、痛みをコントロールすることが可能になります。以前と同じように歩行できるまでに根本改善することは可能なのです。

当院では、初診時には長い時間を取り問診をし、歩行テストなども実施しながら、生活習慣の把握、歩行時の体の使い方、普段の負荷のかかり具合、痛みが出るタイミング、痛みが和らぐタイミング、骨格のずれなどを把握し、綿密な検査を行います。

一人ひとりの根本的な原因を見抜いて筋肉の負荷の状態や、体全体の筋肉や骨格バランスからアプローチする治療は、外科的なアプローチではできない治療です。

膝の痛みの根本原因にアプローチし、本当の『膝の治療』を当院では実施します。

 

今まで、あなたは、本当の意味の『治療』を受けていなかっただけなのです。これが、当院の圧倒的な改善率の理由のひとつです。

その2:『治る』という希望を取り戻し、患者様が前向きに治療に取り組める力を高める

当院の問診により、根本原因を見抜けば、あとは治る為の治療に進みます。

ほとんどの患者様が根本改善を諦めている状態ですので、まずは『治らない』という考えから『治るんだ』という希望を感じて頂くことで、患者様も前向きに治療に当たることができるようになるでしょう。

その気持ちがとても大切で、体は『治る』と感じれば、あなたの体本来の治癒力が上手に働くようになり、今まで曲がらなかった膝が少しずつ曲がるようになることを体験していくことになります。

そうなると、痛みがなかった以前の状態の体の使い方が取り戻せるようになり、さらに膝の負担となっている根本原因が消えていきます。

体重や加齢が根本原因ではないということが、ご理解頂けるかと思います。

これが、2つめの当院の圧倒的な改善率の理由です。

当院は「膝の痛み・変形性膝関節症」の根本改善が得意な接骨院です

膝の痛み・変形性膝関節症は、手術をしなくてもしっかり根本改善が可能な症状です。だから、諦めないでください。

あなたのその膝の痛みは、関節そのものが原因ではなく、その他の箇所に原因がある場合がほとんどです。

まずは、膝のねじれやズレを正しい状態に戻すことで、正しく膝の機能が復活するように、全体的な調整をしていきます。直接的に膝のねじれを調整するだけではなく、骨盤のズレや足首、股関節など、様々な関節が要因として考えられますので、根本的な問題がどこにあるのかをしっかり見極めて調整していきます。

根本的な要因がわかれば、しっかりと原因となる箇所を調整し、根本的な改善へと施術していきます。自宅でのセルフケアなどもアドバイスしますので、あなたの膝の痛みを一緒に改善していきましょう。

当院では、膝の痛み・変形性膝関節炎の症状がどこから来ているのかを見抜き改善していきます。膝の痛み・変形性膝関節炎の専門の整体院として、本当の原因を探り根本改善へと導きます。そのプロの施術と手技を体感してください。

愛知県内に限らず、他県からも多くの方が通って頂き、多くの方が「こんな簡単に本当に痛みが消えて元の生活が送れる!」と喜んで頂いています。

一般的な「治らない膝の治療」と、当院の「根本改善する治療」の違いをまとめます

◯痛みの原因

一般的な医療機関や整形外科
軟骨のすり減りや骨の変形

当院の根本治療の考え
膝周辺の筋肉や関節包の硬直や萎縮、骨盤周辺の深層筋の硬直や筋膜の歪み

◯レントゲンでの診断結果で異常が無い場合

一般的な医療機関や整形外科
鎮痛剤や湿布による一時しのぎの対応

当院の根本治療の考え
筋肉の異常や体の使い方の改善による、軽度な症状からでも根本原因を見抜いて改善を行う

◯骨や軟骨の変形やすり減り

一般的な医療機関や整形外科
変形や軟骨のすり減りが痛みの原因

当院の根本治療の考え
関節や軟骨には痛みを感じる神経が無いという医学的根拠に基づく判断を行い、痛みを生じさせている原因を追及

◯体重による影響や加齢による筋力低下等の影響

一般的な医療機関や整形外科
体重が重いと、体重が原因と判断し運動をして痩せることを推奨。
加齢による要因で、筋力低下や関節の痛みを指摘。筋トレなどを推奨。

当院の根本治療の考え
体重や加齢に関係なく、体の使い方や膝へ負担をかけている状態を見抜いてその状態を改善する

◯症状の重症度合いの判断基準

一般的な医療機関や整形外科
骨の変形や軟骨のすり減り具合を基準に判断。場合によっては人工関節等の外科手術を推奨。

当院の根本治療の考え
関節の柔軟度や筋肉の硬直の状況で判断する。

◯症状改善に向けた改善指導

一般的な医療機関や整形外科
筋トレ。散歩などの運動。

当院の根本治療の考え
過度に負担がかかっている筋肉の硬直を緩め、筋肉を休ませる。

◯体のバランスや姿勢等の影響

一般的な医療機関や整形外科
診察されることもなければ、影響すら把握しようとしない。症状が出ている部位のみを診断する。

当院の根本治療の考え
膝の痛みが出ている部位以外に根本原因があると判断し、体の使い方やバランス、日常生活の中の姿勢が大きく関係していると判断する。

このように、改めて一般的に行われている膝の治療と、当院の根本改善に向けた施術のアプローチが、全く違うことに気づいて頂けるはずです。

 

10年以上の治療経験と・施術実績の中で、私が根本改善に向けた治療に向き合った中で行き着いた施術方針です。

 

今までの治療は忘れてください、と最初にお伝えいたしましたが、当院に来院されるほとんどの患者様は「ここに来て初めて膝の治療をしてもらった!」と、みなさん口を揃えておっしゃいます。その理由はあなたにもご理解頂けることと思いますので、根本改善に向けた治療に共感いただけるようなら、当院の施術を体験して頂ければ、必ずあなたの膝の痛みを開放へ導きます。

あなたは、まだ本当の膝の治療を体験したことが無いのです。当院にはあなたを救う治療があります。

当院の施術があなたの膝の痛み・変形性膝関節症に対して結果を出せる理由!

◯その場しのぎでない、根本的な症状改善を目指します

あなたが今まで通ってきた整骨院や整体院では、簡単な質問の後にいきなり施術をされたという経験はありませんか?

当院が大切にしているところに「徹底した根本原因の究明」があります。1人ひとりそれぞれ状況や症状が違いますので、まずはあなたの状態をじっくりお伺いし検査をおこないます。

その上で的確な判断の元に施術にあたります。

まずは根本的な原因を特定する為に、しっかりとカウンセリングを行ない、一人ひとりの症状と根本的な問題にアプローチします。だからこそ幅広い症状に対応ができ、多くの方に効果を実感頂ける施術がご提供できます。

◯体のスペシャリスト柔道整復師(国家資格保有)が、施術を行うので安心!

良くある整体やカイロプラクティックやマッサージ店は何の資格もなく営業ができることを知っていますか?

近年、資格を持たない未熟な施術者が増えることで、施術事故も増えています。基本的に安さや手軽さを売りにしたそのようなサービスは、その時の一時的な気持ちよさだけを求めるには良いのかもしれません。ただし、あなたの膝の痛み・変形性膝関節炎を根本から改善できるかというと疑問が残ります。

安い料金には理由があります。辛い症状で悩んでいるあなたご自身の体を委ねる訳ですから、本当に何が大切なのかを真剣に考えてみてください。根本的な症状改善と向き合いたい、本気で膝の痛み・変形性膝関節炎を改善したいと思うのなら、当院へお越しください。

当院では、国で認められた「柔道整復師」「鍼灸師」という国家資格保有した院長が施術にあたります。体の施術のスペシャリストが施術を行ないますので、安心して施術を受けて頂けます。

当院では、一時的な慰安やリラクゼーション目的ではなく、根本的な症状改善を目的として通院される方ばかりですので

  • 元気だった時の体を取り戻す
  • 長年諦めていた辛い症状を本気で改善する
  • 健康維持の為のメンテナンスをする
  • より良い生活をする為に定期的に通う

 

といった、強い思いと目標を持った方、自分自身の体の健康の為に本気で向き合い、時間とお金をかける価値があると納得された方々が多く通われます。

◯愛知県では珍しい様々な治療技術を組み合わせて、あなただけの完全オーダーメードの施術を!

当院では、柔道整復師という国家資格を持った体のスペシャリストが施術します。みなさまのお体やお悩みの状態に合わせて、様々な効果の高い施術をご提供しています。

特にスポーツをしている方や、他の院や病院では原因が不明な症状などに効果的なのが、「かっさ」と呼ばれる筋膜療法が効果的です。かっさ療法は古来からある歴史の長い治療法です。

『筋肉を覆う膜=筋膜』が癒着することで生じる可動域制限、痛み、筋力低下、機能制限などの筋膜に原因がある症状は、レントゲンや病院の診断では判明できないものですが、アメリカなどではスポーツ障害の治療の一環として注目が集まってきている療法です。

この筋膜療法が、元々日本古来から受け継がれてきた「かっさ療法」と同じ手法なのです。

膝の痛み・変形性膝関節症の原因となるこの筋膜の癒着ポイントを特定し、筋膜の癒着をリリースし、可動制限を改善することで、長年改善しなかった膝の痛みが嘘のように改善した、とお喜びの声を多数頂くようになりました。

スポーツでのお悩みや原因が特定できない長年の膝の痛みなどは、一度このかっさ療法を体験して頂ければと思います。

 

さらに、愛知県では珍しい「テクトロン療法」という施術法も導入しています。

 

血行促進作用による老廃物の排出、筋膜癒着のリリース、痛みやコリの原因となる深部の筋肉や末梢神経に刺激を与えることができるようになり、膝の痛みに効果的な施術です。

 

かっさ施術による筋膜療法と、テクトロン療法による施術を中心に、あなたのお悩みに合わせたオーダーメイドの幅の広い施術をご提供できますので、どこに行っても変化が無かったという方も、ぜひ一度当院へお越しください。

アメリカに本部を置く、NSCAパーソナルトレーニング資格も保有。

私はNSCAパーソナルトレーナの国際資格も保有しています。

NSCAとは、ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立され、世界52ヶ国、33000人の会員が所属する団体です。

スポーツ医科学の研究室とトレーニングの現場を直結し、理論と実践の橋渡しをする役割を果たし、活動を続けています。

「NSCA Certified Personal Trainer:NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)」は、個別のアプローチを用いて、クライアントの健康と体力のニーズに関して、評価、動機付け、教育、トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

NSCA-CPTは、アスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者などがこの資格を取得しています。

富田浜病院勤務時代は膝の論文作成にも参加

三重県四日市市富田浜病院勤務時代、膝の骨折に対しての論文作成に協力もしました。

 

骨折の患者さんはもちろん、人工関節手術、内視鏡手術、靱帯再建手術など、毎日数多くの患者さんを見てきました。

 

この経験は誰にも負けません。

介護支援専門員(ケアマネジャー)資格も保有

柔道整復師になり、5年以上業務経験を積むと試験を受ける事が出来る、

合格率20%以下の介護支援専門員(ケアマネジャー)資格も取得。

 

病院勤務時代にはデイサービスでも勤務していましたので、

膝の痛みで、困っている方を多く見てきました。

 

 

膝の痛み・変形性膝関節症が楽になった!とお喜びの声を多数いただいています。

みずはる接骨院は慢性の膝の痛み・変形性膝関節症の症状を取り除く施術を得意としています。

多くの患者様から『痛みを気にしない生活が取り戻せた!』とお喜びの声を頂いております。

みずはる接骨院はまだ開院して1年にも満たない院ですが、今では評判が広がり、県外からも来院頂く、人気の接骨院として予約を多く頂いています。

1人ひとりに合わせた施術で、今までの治療では治らなかった、諦めていた膝の痛み・変形性膝関節症を本気で改善したいなら、みずはる接骨院が全力でサポートしていきます!

膝の痛み・変形性膝関節症が楽になったら、このような生活が待っています!

  1. 歩けなくなるのではないかという不安が無くなる
  2. 階段を1段1段降りられるようになり電車にも乗れる
  3. 毎日、痛み止めを飲んだり湿布を貼り続けなくてよくなる
  4. 旅行の誘いを断っていたけど行けるようになった
  5. これまで以上に楽しい人生を送ることが出来る
  6. 仕事中ずっと膝の事を気にしなくても良くなり集中できる
 

ぜひこのよう生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう。

自分自身を大切にし、よりよい日々を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

膝の痛み・変形性膝関節症の苦しみから1日も早く一緒に抜け出しましょう。

 

        みずはる接骨院 水野 晴良(みずの はるよし)

お試しキャンペーン
人数限定となります 

9月25日までの期間限定

施術1回 通常 7,000

初回限定 1,980

お電話の場合、
『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝え下さい。

完全
予約制

お気軽にお電話ください。

予約の際は『ホームページを見て予約をしたいのですが』とお伝え下さい。

0567-69-8200 0567-69-8200

営業時間9:00~20:00 

みずはる接骨院 

住所
〒 498-0021
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
アクセス
電車の場合
 ・近鉄弥富駅から徒歩14分 
 ・JR弥富駅から徒歩14分

・三重県方面からお越しの方
 国道1号線を、名古屋方面へお越し下さい。
 左側の熟女キャバクラさんを超えて210m
 ⇨喫茶白樺さん横
 ⇨左側に みずはる接骨院 到着 

・名古屋・蟹江町方面からお越しの方
 国道1号線を、三重県方面へお越し下さい。 
 左側のピアゴ十四山店さんを超えて700m
 ⇨コメダ珈琲さん超えて350m
 ⇨右側に みずはる接骨院 到着
代表者
水野 晴良(みずの はるよし)
電話番号
0567-69-8200 0567-69-8200

不定休

営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

ソーシャルメディア

PAGETOP