愛知県弥富市で膝の痛み・股関節の痛みを治すためブログ

みずはる接骨院 

国道1号線沿い 
土日も施術可能・予約制の接骨院です。
予約はお早めに入れて下さい。

住 所
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

みずはる接骨院 のブログ

股関節・膝関節の痛みを、心理面・感情面から考えてみる。

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ
    • 愛知県弥富市の膝の痛み・変形性膝関節症を改善するブログ

愛知県弥富市みずはる接骨院の水野です。 本日は、膝の痛みを心理面・感情面から考えていきましょうというお話です。   変形性膝関節症と診断を受けている方は、膝の痛みが何ヶ月も何年続いています。このような、慢性の痛みは、体の治療だけでは、改善しないケースがあります。 ヒアルロン酸注射をしても、薬を飲んでも、湿布を貼っても、電気をしても、マッサージをしても改善しない。人工膝関節置換の手術をしたのに改善しないという方までいます。   当院に来られる患者さんも体への施術だけでなく、心理面・感情面に対してアプローチが必要な方が沢山います。 例えばこんな方です 痛みが続くので日中は動かず過度に安静にしていたり 安静にしていると痛みの事ばかり考えて不安になったり ネットで調べすぎて不安になったり 痛みが出るんじゃないかと家事などをやらなくなったり(やれなくなったり) 旅行も、好きな事ももう出来ないという考えになったり 寝たきりになるんじゃないかと考え詰めてしまったりという このような方は方は、破局的思考になっていると考えられます。 破局的思考とは、Sullivanさんの定義によると「痛みに対する誇張された否定的な思考」と言われています。破局的思考が強い方は、特に心理面・感情面のアプローチが必要になってきます。   そしてその破局的思考を評価するのが、Pain catastrophizing Scale(pcs)という質問 です。痛みを感じているときの考え方や感情についての質問が13項目あります。 この質問表の点数が高くなればなるほど、心理面・感情面のアプローチが必要になっていきます。 痛みが頭から離れず、痛みに乗っ取られていたり、 痛みに対して自分は何も出来ない、この先も良くならないと考えてしまったり 将来起こるか起こらないか分からない事を考えしまい、悪い方に考えてしまいます。   ネガティブな感情になり、これも出来ないあれも出来ないというふうに悪い事ばかりに目がいきがちになります。     医者や治療家と患者さんの間に信頼関係がないと改善していきません。 不安に思っている事や、今後どうなるのかをしっかり話し合い現状を知って下さい。 患者さんが思っているより、軽度のケースがほとんどです、 もし医者や治療家に、「このままなら歩けなくなるよ」「いつかは手術だよ」と言われたら、他の病院や治療院に変わってセカンドオピニオンを受けて下さい。 信頼関係ができて、治療をしていく事で、少しづつ希望が持てるようになり、膝の痛みが改善していきます。 治療を続け、再度Pain catastrophizing Scale(pcs)の質問に回答し、点数が下がっていけば、もう大丈夫です。   諦めないで下さい。   愛知県弥富市みずはる接骨院には膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。 皆さん、以下のような悩みを持っていました。 ・筋トレをすると膝が痛いから出来ない ・加齢や体重のせいと言われどうしたら良いか分からない ・ヒアルロン酸注射、湿布、痛み止めで本当に良くなるの? ・もう手術するしかないと諦めていた   間違った治療や運動を続けてしまうと膝の痛みは良くなることはありません。   痛みの原因は、 痛い方が100人いれば100通りです。 みんな同じ治療で治る訳がありません。 原因をみつけ一緒に治療していけば、 絶対に良くなります。   膝の痛みでお困りの方は ご連絡下さい! 1人で悩むのはもう辞めませんか 私が力になります❗ […]

変形性股関節症のAさん無事当院を卒業されました。喜びの声です。日進市64歳女性。

    • 愛知県・三重県みずはる接骨院 患者さまの声
    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

愛知県弥富市みずはる整体院の水野です。 本日のブログは、 変形性股関節症で当院に通院して頂いていた Aさんの喜びの声をお伝えします。 変形性股関節症でお悩みの方に、ぜひ読んで頂きたいです。   変形性股関節症患者さん喜びの声 Q①今までどのようなことでお困りでしたか?  変形性股関節症になり右足付け根に痛みが出て、 歩く時に少し足をひきづったり、 階段の上り下りが少々苦痛になりました。   Q②それを解決するために、どんなことをされていましたか?  整形外科でレントゲンやMRIを撮り、5~6年前より変形が悪化していることがわかりました。 が、痛み止めの湿布や塗り薬を出されただけでした。   Q③その結果どうでしたか?  あまり効き目がなく、  先生に『5年程たったら人工股関節置換手術をした方が良い、それまで安静にして下さい』と言われてしまった。 痛みとつきあうしかないのかな?と不安だった   Q④他にも病院や接骨院があるのに、なぜ当院に来て頂けたのでしょうか?  ホームページで拝見し、先生の思いが伝わってきて 『この先生なら不安な思いをわかって下さるにちがいない』 と思いました。   Q⑤ 当院に通われて、結果どうでしたか?  先生に痛みの原因は骨ではなく筋肉と言われ 私の痛みもお尻から股関節周りにつながる筋肉が原因にちがいないと気付きました。 今は寝返りを打ったり階段を上がったりしても大丈夫です。   Q⑥ 同じように困っている方へ、メッセージをお願いします。  今はほとんど痛みがなくなりました、 『もしまた痛みが出たらすぐ又先生の所に行けば良い』という安心感があります。 一度先生にお話を伺うだけでもいいですヨ。 みずはるより Aさんは股関節の痛みで病院へ行き、 レントゲンを撮ると以前より悪化していると言われ、 5年位したら手術が必要になるかもと言われていました。 それなのに薬のみの処方。 安静にして下さいというアドバイスだけで不安になり当院へ来られました。   問診をしっかりして、悩みや不安に思っている事などを聴き 痛みの原因がどこから出ているのか検査をし説明をして Aさんと私が一緒に治療してく良くなっていく事をお伝えし治療を開始しました。   治療を続けていくことで、電車で買い物へ行っても痛みが出なくなり、階段の上り下りも問題なくなりました。 また海外旅行に行きたいと自信を持っていただけるまでに回復しました。   Aさんのように一人で悩まれている方は、ぜひご連絡下さい。      

治療の主役は患者さん本人です

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ
    • 愛知県弥富市の膝の痛み・変形性膝関節症を改善するブログ

愛知県弥富市みずはる接骨院の水野です。 本日は、 すごく重要なこと 治療の主役は患者さん本人です というお話です。   患者さんの顔も表情も見ない もちろん触診もしない レントゲンだけを見て 『手術しか無いですね』と 手術を勧められている患者さんが本当に沢山います。   手術を勧められた患者さんはどうなるかというと、 不安になる怖くなる、精神的にも参ってしまう。   これでは痛みを治そうと思っても治らなくなってしまいます。   治療の中心は間違いなく患者さんです。 私も含め、治療側は患者さん自身をもっと見た治療をすることが大切です。

【変形性股関節症】なぜ3年前のレントゲンと一緒なのに痛みがあるの?

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

なぜ 『3年前のレントゲンと一緒なのに痛みがあるの?』 というお話です。   股関節に痛みが出現すると、 整形外科ではレントゲンを撮ります。 3年前にもレントゲンを撮っていたこの患者さんは、 3年ぶりにレントゲンを撮ってもらい、見比べると 股関節の変形は3年前と全く一緒。   変形は一緒でも 痛みは強くなっている。   なんで?   答えは、股関節の変形自体が痛みの原因では無いからです。   股関節(骨や軟骨)以外に、 股関節周りの筋肉や関節包、 靭帯が拘縮し 痛みを出しているケースがほとんどです。   しかも変形性股関節症と診断されたあと、 痛みが全く無い時期が数年かんありました。   痛みが無いその数年間、 変形がなくなり正常な関節になっていた訳でも、 もちろんありません。   レントゲンでの変形だけでは、 股関節の痛みの原因を説明することは出来ないのです。   レントゲンを見て股関節が変形しているから 手術しましょうと言われても、 怖がらないでください。 手術を待つだけの保存治療は治療ではありません。 痛み止めで誤魔化す生活をやめたい、 もし股関節の痛みでお困りでしたら一度ご連絡下さい。 もし股関節の痛みに本気でお悩みのあなたは 下記の記事も読んで下さい。 https://goo.gl/PF4KmE   電話:0567-69-8200   メールでのお問合わせは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  https://goo.gl/weKptF    

当院の変形性股関節治療が名医より効果的な理由 

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

愛知県弥富市みずはる整体院の水野です。 本日は、 当院の変形性股関節治療が名医より効果的な理由 というお話です。   変形性股関節症の名医と当院の違い 当院に来院される患者さんの多くが 整形外科や総合病院で 変形性股関節症と診断され 手術をしましょうと言われています。   手術までの治療はというと、 薬や湿布で様子を見ましょうと言われている方がほとんどです。   手術と言われたけど どんな手術をするのか? 手術のあとのリハビリは? 生活は元通りできるのか? インターネットで検索して不安が大きくなるばかり。   当院の初回治療は、 その不安を減らすことに重点を置いています。   レントゲンだけでは分からない事が多いんです。 今までの体の状態や変化 今までの経過をお聞きし情報を精査していきます。   体だけではなく 心の面が大切です。   この初回治療で心の不安を減らすことができると、 その後の経過が変わってきます。   そのために私が最大限できる事は、 患者さんの話を聞くことです。 間違った情報と 正しい情報を理解していただくことです。 手術は最終手段です。 それまでに出来ることがあります。   安心して治療を受けて頂くために不安を減らす事こそ重要だと思っています。     もし股関節の痛みに本気でお悩みのあなたは 下記の記事も読んで下さい。 https://goo.gl/PF4KmE   電話:0567-69-8200   メールでのお問合わせは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  https://goo.gl/weKptF

変形性股関節症は手術するしかないのか?

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

股関節が痛くなり 病院に行く。   病院では、 まずレントゲンを撮ります。   レントゲンを撮ると 医師が 股関節の変形を発見。   変形性股関節症と診断される。 薬や湿布で様子をみていきましょうと終了。   数ヶ月経っても 薬や湿布で痛みが改善しないと 『痛みを治すには手術しかありません』 とい言われる。   手術の出来る病院へ紹介をされ 手術の出来る病院でも 『手術しかないですね』 と手術を勧められる。   患者さんは不安になる。 怖さや不安で症状はさらに悪化する。   やりたいことを諦め 将来が不安になる   このような変形性股関節症の方が沢山います。   このままでは、 手術をする人が増えていくだけです。   手術では無く、 股関節を温存するために、 まず出来る事を考えなければいけないはずなのに 薬や湿布で様子を見るだけ。   手術ありきの変形性股関節症治療になっています。 これでは手術をする患者さんが増えていくだけです。   追伸 知っていますか?  股関節の変形や軟骨が痛みの原因では無いことを。   私も病院勤務時代は、 股関節の痛みは変形が原因だから手術するしかないと思っていました。 痛み止めで誤魔化しながら、生活するしかないんだろうと思っていました。 患者さんも、いつかは手術しなければいけないのかぁと半分諦めの思いを持ちながら、 不安な毎日を送っている方もみえました。   私自身、 患者さんの痛みと向き合い治療をしていくことで考え方が変わりました。 手術をしなければいけないと言われていた方でも、 […]

なぜ手術が必要な変形性股関節症が改善するのか?

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

愛知県弥富市みずはる整体院の水野です。 本日は、 なぜ手術が必要と言われた変形性股関節症が改善するのか? というお話です。   変形性股関節症は手術しかないと思っていませんか? お医者さんが言うことは絶対だと思っていませんか?   変形性股関節症と診断され手術はしたくない という方は、是非読んで下さい。 整形外科とみずはる整体院の考えの違い レントゲン画像 ・整形外科の場合 股関節に痛みが出ると、多くの患者さんは整形外科を受診します。 レントゲンを撮り 股関節の変形があると変形性股関節症 骨盤側のかぶりが浅いと臼蓋形成不全 股関節に異常が無いと『骨には異常がありません』 と言われます。   多くの整形外科では、関節(骨)の異常を探します。 股関節の痛みの原因は、関節が変形していることや軟骨のすり減りが原因であるという考え方です。 ・みずはる整体院の場合 股関節の変形は今まで使ってきた結果であって、 股関節の痛みの原因は 股関節周りの筋肉を使いすぎている事で起こっていると考えています。 緊張し使いすぎていることで痛みが出ていると考えています。 股関節の変形は痛みの出る数年前から起こっていたのです。たまたまレントゲンを撮ると 変形が見つかったというケースがほとんどです。 ※当院でも急速破壊型や大腿骨頭壊死などが疑われる場合整形外科の受診をお勧めしています。 臼蓋形成不全にしても、もともと骨盤側のかぶりが浅いので、 股関節が不安定になり、 股関節周囲の筋肉が緊張しやすく、痛みが出るんです。 股関節に痛みが出たときにレントゲンを撮って臼蓋形成不全が見つかるんです。 もし痛みが出る前にレントゲンを撮っていても、臼蓋形成不全と診断されたでしょう。 当院では股関節の痛みは筋肉や関節包、靭帯が影響していると考えています。   変形が痛みの原因という考えでは、 変形が強くなれば手術しましょうという話になってしまいます。   まとめ 当院でも変形が強く手術が必要と言われた患者さんがまず考え方を変えて 治療していくことで痛みが改善するケースが多々あります。   変形性股関節症は怖くないんです。 股関節の痛みに本気でお悩みのあなたは 下記の記事も読んで下さい。 <strong>https://goo.gl/PF4KmE</strong> 電話:0567-69-8200 メールでのお問合わせは ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  https://goo.gl/weKptF

人工股関節置換術が治療のすべてではない 愛知県弥富市みずはる整体院

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

変形性股関節症と医師に言われ 『この股関節は人工股関節の手術しないと治らないな』 とか 『まだ若いけど、いつかは人工股関節の手術が必要ですね』 と言われた患者さんが、 みずはる整体院にも多くいます。   本日もブログをご覧いただきありがとうございます。 愛知県弥富市、股関節専門整体院の水野です。   人工股関節置換術が治療のすべてではない まず申し上げたいのですが、 私も富田浜病院時代に 人工関節の手術を受けられて元気になられた方を 沢山みさせて頂いてきました。 手術が絶対ダメということではありません。 手術は最終手段だと言うことです。   もし、 人工股関節の手術しかないとか、 あと何年かしたら手術しましょうと言われた方に 言いたいことがあります。 本当の保存(温存)療法をしていますか?   本当の保存(温存)療法をしていますか? もしあなたが、 痛み止めの薬 注射 電気治療 マッサージ 筋力トレーニング 負担をかけないようにする このコトだけをしてい痛みが治まっていないなら   あなたは、 本当の保存療法をしていないかもしれません。   わたしが考え最も重要な保存療法は 『恐れないこと』 です。     整形外科では、 変形性股関節症という病名をつけられ 手術しかないと言われ 患者さんは怖くなり どんどん病気になっていきます。   レントゲンを見せられ 手術と言われた日からから 余計に 体重をかけないようにかばって歩いたり、 しゃがむ生活をしないように 椅子やベッドの生活に変えたり リフォームをしたり […]

変形性股関節症の痛みは不安から来るの? 愛知県弥富市みずはる整体院が解説

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

愛知県弥富市みずはる整体院の水野です。 本日は、 当院へ来てくれている 40代男性患者Aさんの話です。   Aさんは2年前に、股関節に痛みが出て、 整形外科へ行きました。 レントゲンを撮り、 医師から『初期の変形性股関節症ですね』と診断され 薬を処方されました。   薬で痛みが改善しないので 股関節治療で評判の整形外科に行きました。 その先生にも 『変形性股関節症ですね』と同じように言われました。   治療はというと、 『負担をかけないこと、体重を増やさないこと』と アドバイスだけもらい終了になりました。   治療らしい治療は特にありませんでした。   変形性股関節症と診断された患者さんの多くが、 薬と湿布や 電気や温めなどを行うリハビリをするというのが 現在の整形外科での保存療法になっています。   痛みが改善しない患者さんは心配になり インターネットを検索するようになります。   検索すれば人工股関節のページが目に入ります。 負担をかけ過ぎれば軟骨が減って手術になるんじゃないか 変形がすすんでいけば手術になるんじゃないかと、 股関節をドンドン動かさないように かばうようになります。   その結果、脚やお尻、腰の筋肉はパンパンになり 股関節を動かさなくなるので関節の可動域も悪くなってしまいます。   Aさんも負担をかけないようにと思って かばった生活を続けていました。 Aさん自身、股関節に負担をかけないようにかばうことで、 逆に股関節や腰に負担をかけていました。   体の動かし方、 軟骨や変形に対してわかりやすく説明し 変形性股関節症の事を正しく理解をしてもらいました。 その結果、痛みが軽減。   痛みだけでなく、不安も軽減して 『走れるんじゃないか』という希望までもてるようになりました。   変形性股関節症と診断されると 痛みが軽くなっていても いつかは手術しなければいけないという不安が残ります。 […]

腰痛治療を続けていたが実は変形性股関節症だった 愛知県弥富市みずはる整体院

    • 愛知県弥富市の変形性股関節症・股関節の痛み改善ブログ

愛知県弥富市みずはる整体院の水野です。 本日は、 腰痛治療を続けていたが実は変形性股関節症だった というお話です。   腰痛の原因が股関節? 腰痛治療を何年も続けている人は多いと思います。   整形外科で 腰が悪いからと 薬をもらって飲んでいたり 湿布を貼ったり 注射をしてもらったり 電気治療・牽引治療などのリハビリを続けている。   何年も腰痛の治療に通っているのに 治らないという方の中に、 股関節が原因という方がいます。   このような腰痛の方は、 股関節の動きが少しずつ悪くなっていきます。 例えば、 あぐらがやり辛くなる、 靴下が履きにくくなる、 階段を昇る時に脚が上がりにくくなる という可動域制限が起きてきます。   股関節の動きに制限が出てきて、 腰だけでなく お尻が痛くなったり 太ももが痛くなってきたりという 痛みの範囲が広くなっていきます。   お尻の痛みや太ももの痛みも 腰が原因と治療を続けてしまうケースがあります。   知らない間に 股関節の動きが悪くなったり 股関節の変形が進んでしまいます。   もし、長年腰痛で治療されている方で、 股関節の動きが悪くなっていたり、 お尻や、鼠径部が痛かったり、太ももも痛いという方は 股関節をしっかり見てくれる 整形外科や治療院で治療する事をオススメします。   まとめ 股関節の変形や臼蓋形成不全が痛みの原因だと考えていたら、手術をするしかありません。 関節の変形が進んでいくのを、痛み止めで誤魔化しながら待つしかありません。   私も病院勤務時代には、股関節の変形は手術しかないと思っていました。 痛み止めで誤魔化しながら、生活するしかないんだろうと思っていました。 患者さんも、いつかは手術しなければいけないのかぁと半分諦めの思いを持ちながら、 怖い毎日を送っている方もみえました。   […]

ホームページ限定
初回お試しキャンペーン

施術1回 通常 7,000

初めての方限定

3,980

お電話の場合、
『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝え下さい。

完全
予約制

お気軽にお電話ください。

予約の際は『ホームページを見て予約をしたいのですが』とお伝え下さい。

0567-69-8200 0567-69-8200

営業時間9:00~20:00 

みずはる接骨院 

住所
〒 498-0021
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
アクセス
電車の場合
 ・近鉄弥富駅から徒歩14分 
 ・JR弥富駅から徒歩14分

・三重県方面からお越しの方
 国道1号線を、名古屋方面へお越し下さい。
 左側の熟女キャバクラさんを超えて210m
 ⇨喫茶白樺さん横
 ⇨左側に みずはる接骨院 到着 

・名古屋・蟹江町方面からお越しの方
 国道1号線を、三重県方面へお越し下さい。 
 左側のピアゴ十四山店さんを超えて700m
 ⇨コメダ珈琲さん超えて350m
 ⇨右側に みずはる接骨院 到着
代表者
水野 晴良(みずの はるよし)
電話番号
0567-69-8200 0567-69-8200

不定休

営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

ソーシャルメディア

PAGETOP