みずはる接骨院 

国道1号線沿い 
土日も施術可能・予約制の接骨院です。
予約はお早めに入れて下さい。

住 所
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

軟骨が無いことや膝の変形が膝痛の原因じゃない! 愛知県弥富市みずはる接骨院が解説

愛知県弥富市みずはる接骨院の水野です。

 

軟骨が無いから、変形しているからもう改善しないんだと諦めている方に向けて、ほんの少しでも希望を持って日常生活が送れるように、

痛みが少しでも改善して仕事や好きな事が出来るように書いていきますので、是非読んでみて下さい。

 

膝の痛みの原因は、

「軟骨が無い」からだ

とか、

「膝関節が変形」しているからだ、と

思っていませんか?

 

膝の痛みに対する間違った考え方(思い込み)が、

あなたの膝の痛みが改善しない原因かもしれませんよ。

 

お医者さんに言われたから、

テレビで言っていたから、

雑誌で見たから

色々な情報が勝手に入ってくるので

軟骨や変形が原因だぁ~

と刷り込まれているかもしれません。

でもでも、ちょっと待って下さい。

 

言われた事、情報だけを鵜呑みにせずに一度

考えてみましょう。

 

軟骨が減ったから痛みが出たのか?について....考える。

痛みが出る1年前、あなたの膝の軟骨はピカピカだったのでしょうか?

痛みの無い反対の膝の軟骨は減っていないのでしょうか?

膝以外に、股関節や足関節の軟骨は減っていないのか?

 

レントゲンを撮っていないから、気づいていないだけで

痛みのでる数年前から軟骨は減り始めています。

反対の膝も軟骨はすり減っているはずです。

股関節も足関節も少しずつ減っているはずです。

 

車のタイヤのように、軟骨は患者さんの背景によって違いますが、年齢とともに少しずつ減っていくんです。

 

体重が重いから減ったんだぁ

スポーツ頑張ったから減っちゃったんだぁ

仕事が肉体労働だから減ったんだぁ

だから軟骨がないから痛いんだぁ~

じゃなくて、誰でも少しづつ減るんです。

 

膝の痛くない人も軟骨は減っているんです。

 

【症例】

Aさん52歳女性 主訴】左膝の痛み 仕事】主婦

Aさんは、特に転んだとかねじった記憶は無く普段と変わらない生活を送っていたのに、左の膝の痛みが出ました。近所の整形外科へ行き、レントゲンを撮ってもらいました。

レントゲンを見た医師は、

「軟骨がすり減っていますね、変形性膝関節症ですね」

とAさんに言いました。

週に1回ヒアルロン酸注射、関節内に注入してもらい、痛み止めの薬と胃薬をもらい膝の痛みは1ヶ月ほどで改善しました。

 

その後左の膝に痛みが出ることは無かったんですが、

55歳になって今度は、右の膝に痛みが出現しました

また、前回治療してもらった整形外科に行きレントゲンを撮ってもらいました。

念の為、左の膝もレントゲンを撮ってもらいました。

レントゲンを見た医師は52歳の時に撮ったレントゲンと見比べ

「右膝の軟骨もすり減っていますね。

右膝に比べて左膝のほうが軟骨が少ないですね。

左の膝は52歳の時と比べて少し減っていますね。」と言われました。

ヒアルロン酸注射を打ちましょうと週1回ヒアルロン酸を注入し、薬で治療を開始しました。

 

Aさんは気づいていませんでしたが、

ちょっと変だと思いませんか?

 

なんで、左の膝の痛みは改善しているのに、軟骨は増えていないの?減っているのに痛みは改善しているの?

軟骨が原因じゃないのか?

 

しかも、現在の痛みは右にある。痛みの無い左の方が軟骨が少ないの?

軟骨のすり減り程度は痛みと一致しないの?

 

Aさんのような患者さんだけでなく、

医師や治療する側も、軟骨が膝の痛みの原因だと思いこんでいるんです。

軟骨や変形があるから手術しかないと思い込んでいるんです。

 

手術ちょっと待ってください!

軟骨が擦り減り変形があると膝が痛くなるのなら...。

 

両方の膝がくの字に曲がって、

膝の間から向こう側の景色が見えて

O脚変形しているのに

元気に歩いているおばあちゃんを見たことありませんか?

 

元気に歩いていて、痛みも無くて

もやって、自転車に乗って、買い物で重いものも持って、家事もしている』

 

この方手術必要ですか?

明らかに膝が変形していても手術は、必要ないですよね。

 

不思議に思ったことありませんか?

 

膝が変形していても、痛くない方は沢山います。

逆に膝が変形していないのに、痛い方もいます。

 

 

変形=痛みが強いの思い込み

今の世の中常識では

変形しているから膝が痛いと思い込まされています。

 

思い込まされています。

 

『膝の痛みは変形しているからですね』と医師に言われ

病名は『変形性膝関節症』だね

 

と、変形=膝の痛み

 

でもさっきのおばあちゃん

変形しているのに歩いている

おかしくないですか?

 

変形したら痛みが出るはずなのに

変形しているのに痛くないのは何故?

 

膝の痛みと変形は関係ないの?

そうです、関係ないんです。

変形して膝が痛くなったわけじゃない!!

 

もともと、日常生活でのクセや負担が膝の関節に掛かり続け

徐々に変形は進んでいたんです。

たまたま膝が痛くなったタイミングで

病院に行ってレントゲンを撮ったら

変形が見つかっただけです。

 

膝の変形は治っていないのに

痛みが強い時期と

痛みが軽い時期があるのはおかしいですよね。

 

膝の変形は、顔のシワと一緒で

歩く生活をしていれば

誰だって軟骨は減っていき

変形は進んでいきます。

 

 

変形そのものが悪いのではなく

普段の日常生活のクセで、

膝の関節に負担を掛けている事が原因なんです。

筋肉を緊張させ、

少しずつ関節の可動域を制限していきます。

 

この日常生活のクセを治して、

筋肉の緊張を緩めて

可動域を確保していくと膝の痛みは治ります。

 

膝の痛みが治るために

まずは、変形や軟骨が悪いと思い込まないで下さい。

思い込めば思い込むほど治らないです。

 

サプリメントを飲んだり

ヒアルロン酸注射を打っても

膝の痛みが治らないのは、

変形や軟骨自体が悪者では無いんです。

 

そもそも、変形や軟骨自体は治らないので、

治らない変形を相手にして治療すれば良くなるはずもありません。

 

追伸

みずはる接骨院では膝の痛み・腰の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。

その多くの方々は以下のような悩みをか開けていました。

・膝が痛いのに筋トレを勧められたが良くならない

・もう手術するしかないと諦めていた

・加齢や体重のせいと言われた

・痛み止めを飲んでウォーキングを続けていた

 

間違った治療や運動を続けてしまうと膝の痛みは良くなりません。

 

痛みの原因は、

痛い方が100人いれば100通りです。

みんな同じ治療で治る訳がありません。

根本原因をみつけ一緒に治療していけば、

絶対に良くなります。

 

膝・腰の痛みでお困りの方は

ご連絡下さい!

1人で悩むのはもう辞めませんか

私が力になります❗

 

膝の痛みでお困りの方は

下の記事も是非読んで下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://goo.gl/XPqvUc

 

電話:0567-69-8200

 

メールでのお問合わせは

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://goo.gl/weKptF

  • 愛知県弥富市の膝の痛み・変形性膝関節症を改善するブログ

ホームページ限定
初回お試しキャンペーン

施術1回 通常 7,000

初めての方限定

3,980

お電話の場合、
『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝え下さい。

完全
予約制

お気軽にお電話ください。

予約の際は『ホームページを見て予約をしたいのですが』とお伝え下さい。

0567-69-8200 0567-69-8200

営業時間9:00~20:00 

みずはる接骨院 

住所
〒 498-0021
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
アクセス
電車の場合
 ・近鉄弥富駅から徒歩14分 
 ・JR弥富駅から徒歩14分

・三重県方面からお越しの方
 国道1号線を、名古屋方面へお越し下さい。
 左側の熟女キャバクラさんを超えて210m
 ⇨喫茶白樺さん横
 ⇨左側に みずはる接骨院 到着 

・名古屋・蟹江町方面からお越しの方
 国道1号線を、三重県方面へお越し下さい。 
 左側のピアゴ十四山店さんを超えて700m
 ⇨コメダ珈琲さん超えて350m
 ⇨右側に みずはる接骨院 到着
代表者
水野 晴良(みずの はるよし)
電話番号
0567-69-8200 0567-69-8200

不定休

営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

ソーシャルメディア

PAGETOP