みずはる接骨院 

国道1号線沿い 
土日も施術可能・予約制の接骨院です。
予約はお早めに入れて下さい。

住 所
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

膝が変形していても軟骨が無くても痛みが改善する理由

『膝関節が変形しているから』

『軟骨が無いから』

病院でレントゲンを撮り

お医者さんにこのように言われませんでしたか?

 

でも心配しないでください。

あなたの膝の痛みは変形や軟骨のすり減りが原因ではないのです。

 

変形や軟骨が痛みの原因では無い理由

 

このレントゲン写真は、

整形外科で変形性膝関節症と診断され、

当院に来こられた患者様からお借りしたレントゲン写真です。

 

整形外科での治療は、

「軟骨がすり減り痛みが出ているのでヒアルロン酸注射を打ちましょう

半年以上も続けられましたが、全く改善しない為に当院に来院されました。

 

病院でお医者さんに、

このレントゲンを見せられた患者さんは

こんなに変形しているし軟骨も無いから仕方が無いと思いこんでしまいます。

 

来院当初、この患者さんは膝の痛みを訴えて、

全く膝が曲がらない状態でした。

 

当院の施術を1ヶ月続け、

全く痛みが無い状態にまで回復されました。

 

膝を痛める前の正常な状態に戻り、

歩くことも軽い運動もこなせるまでに回復されています。

 

痛みが無くなったあと、

検査の為に整形外科で改めてレントゲン撮影をされた時の写真がこの画像です

 

痛みが無く正常な状態にまで膝が回復されたあとも、

やはり整形外科では「変形性膝関節症」なのです。

 

治療を続けて痛みが無い状態になっています。

でもレントゲンを撮れば

変形や軟骨のすり減りは変わっていない。

 

お医者さんは、

膝関節の変形や軟骨がすり減っているのが痛みの原因

と言っていたのに...

 

このように軟骨の状態はすり減ったままですが、

この方は全く痛みが無くなっています。

 

軟骨がすり減っていたとしても、

実は軟骨自体には痛みが出ることはないのです。

 

なぜかというと、

骨や軟骨(半月板)には、痛みを感じる神経が存在しないからです。

これは、生理学の専門書にも記載されている医学的な事実です。

 

にも関わらず、一般的な医療機関や整形外科では、このように

軟骨の変形やすり減り=痛みの原因」という、

医学的な事実を無視した診断や説明がされているのが、現状の膝治療の現実です。

 

あなたが今まで受けてきた治療は、

そもそも膝の痛みを根本的に改善できない治療だったのです。

あなたも同じような状況で今まで悩まれてきたのではないでしょうか?

 

膝が変形しているのに元気なおばあちゃん

『ものすごく膝の関節がO脚変形している

おばあちゃんって見たことありませんか?

しかも元気に歩いていて

畑もやって、自転車に乗っていて膝は痛くない』

不思議に思ったことありませんか?

 

膝が変形していても、痛くない方は沢山います。

逆に膝が変形していないのに、痛い方もいます。

 

 

変形=痛みという思い込み

当院に来る患者さんも実際に

変形しているから膝が痛いと思い込まされています

 

お医者さんが言うからとか

テレビや本で軟骨が...

というのを嫌というほど見ているので

思い込まされています。

 

『膝の痛みは変形しているからですね』と医師に言われ

病名は『変形性膝関節症』だね

 

と、変形=膝の痛み

 

でもO脚のおばあちゃん

変形しているのに歩いている

 

変形したら痛みが出るはずなのに

変形しているのに痛くないのは何故?

 

膝の痛みと変形は関係ないの?

関係ないんです。

変形して膝が痛くなったわけじゃない!!

 

日常生活でのクセ

負担が膝の関節に掛かり続け

徐々に変形は進んでいったんです。

 

たまたま膝が痛くなったタイミングで

病院に行ってレントゲンを撮ったら

膝関節の変形が見つかったんです。

 

膝の変形は治っていないのに

痛みが強い日と

痛みが軽い日がありませんか?

おかしいですよね。

 

膝の変形は、顔のシワと一緒で

歩く生活をしていれば

誰だって軟骨は減っていき

変形は進んでいきます。

 

 

怖がらなくても大丈夫。

変形そのものが悪いのではなく

普段の日常生活のクセで、

膝の関節に負担を掛けている事が原因なんです。

筋肉を緊張させ、

少しずつ関節の可動域を制限していきます。

 

この日常生活のクセを治して、

筋肉の緊張を緩めて

可動域を確保していくと膝の痛みは治ります。

 

膝の痛みが治るために

まずは、

変形や軟骨が悪いと思い込まないで下さい。

思い込めば思い込むほど治らないです。

これが一番大切です。

 

サプリメントを飲んだり

ヒアルロン酸注射を打っても

膝の関節に電気治療をしても

膝の痛みが治らないのは、

変形や軟骨自体が悪者では無いんです。

 

変形や軟骨自体は変えられないんです。

治らない変形を相手にして治療すれば良くなるはずもありません。

 

追伸

みずはる接骨院では膝の痛み・腰の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。

その多くの方々は以下のような悩みをか開けていました。

・膝が痛いのに筋トレを勧められたが良くならない

・もう手術するしかないと諦めていた

・加齢や体重のせいと言われた

・痛み止めを飲んでウォーキングを続けていた

 

間違った治療や運動を続けてしまうと膝の痛みは良くなりません。

 

痛みの原因は、

痛い方が100人いれば100通りです。

みんな同じ治療で治る訳がありません。

根本原因をみつけ一緒に治療していけば、

絶対に良くなります。

 

膝・腰の痛みでお困りの方は

ご連絡下さい!

1人で悩むのはもう辞めませんか

私が力になります❗

 

膝の痛みでお困りの方は

下の記事も是非読んで下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://goo.gl/XPqvUc

 

電話:0567-69-8200

 

メールでのお問合わせは

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://goo.gl/weKptF

  • 愛知県弥富市の膝の痛み・変形性膝関節症を改善するブログ

お試しキャンペーン
人数限定となります 

9月20日までの期間限定

施術1回 通常 7,000

初回限定 1,980

お電話の場合、
『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝え下さい。

完全
予約制

お気軽にお電話ください。

予約の際は『ホームページを見て予約をしたいのですが』とお伝え下さい。

0567-69-8200 0567-69-8200

営業時間9:00~20:00 

みずはる接骨院 

住所
〒 498-0021
愛知県弥富市鯏浦町一反割(うぐいうらちょういったんわり)1番地 
(国道1号線沿い)
アクセス
電車の場合
 ・近鉄弥富駅から徒歩14分 
 ・JR弥富駅から徒歩14分

・三重県方面からお越しの方
 国道1号線を、名古屋方面へお越し下さい。
 左側の熟女キャバクラさんを超えて210m
 ⇨喫茶白樺さん横
 ⇨左側に みずはる接骨院 到着 

・名古屋・蟹江町方面からお越しの方
 国道1号線を、三重県方面へお越し下さい。 
 左側のピアゴ十四山店さんを超えて700m
 ⇨コメダ珈琲さん超えて350m
 ⇨右側に みずはる接骨院 到着
代表者
水野 晴良(みずの はるよし)
電話番号
0567-69-8200 0567-69-8200

不定休

営業時間
9:00~20:00
10:00~17:00

ソーシャルメディア

PAGETOP